■プロフィール

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「固定残業代 悪用1,343件」
2013年12月30日の中日新聞(東京新聞)の1面に「固定残業代 悪用1,343件」という記事が掲載されました。
過労死を出した企業(「日本海庄や」過労死事件参照)がこの制度を悪用するなど、社会問題化している制度です。


中日新聞(東京新聞)の記事は、私どもがかつて取材を受けたり、情報提供したこともある中澤誠記者です。この方は、かつて「36協定」が形骸化している実態を綿密な取材の下、みごとに暴いた方です。
同記事は、固定残業代を悪用した残業代未払いの違反が昨年、東京や愛知など10都道府県で計1,343件あったという同紙の開示請求による調査結果をまとめたものです。
「時間管理がいい加減になり、過労死の温床になる」との労働側弁護士の意見も掲載されています。

 そもそも固定残業制とは、月次賃金の中で、一定の時間外割増賃金を固定的に支給するという制度です。

 さて、この取扱いが認められるためには原則的に以下の要件が必要となります。

①独立した手当項目で支給されていること 

②就業規則および労働契約において、時間外割増賃金の固定支給分であることが明確に示されていること(最近は時間外労働の時間数と残業手当の額が明示されることが求められることが多い

③定額残業代によってまかなわれる残業時間数を超えて残業が行われた場合には別途精算すること

④実際の残業時間が定額分に満たない場合でも賃金控除が行われないこと

 今回の中日新聞の調査では、上記③に挙げられている超過時間の精算が行われていない違反が多かったとしています。
 よく勘違いされるところなのですが、固定残業制は「一定の残業代を固定支給するもの」であり、「その時間数の残業を行ったとみなす制度」ではありません。
 みなしの場合は何時間働いたとしてもその時間数を勤務したものとみなすこととなり、原則として別途の精算は必要ありません。
 しかし、みなしが認められているのは、事業場外みなし労働制もしくは裁量労働制が適正に導入している場合だけであり、ほとんどの企業の固定残業制はあくまでも一定時間数の割増賃金を固定的に先渡ししているのに過ぎません。
  
 固定支給されている時間数を超える時間外労働を行ったのであれば、その超過時間分の割増賃金を支給しなければならないのは当然です。

 更には、固定残業制を導入することにより、時間管理が甘くなり、結果として過重労働を発生させるというのは、2重に3重に避けねばならないことです。
 さらに、全社員が「うつ病ライン」の低賃金・長時間労働をさせられていることにより、みんなが健全な精神状態でなく、パワハラが蔓延するような事態は4重に5重に避けなければならないことです。

 
 今後、労働基準監督署の調査はいわゆる「ブラック企業対策」に重点が置かれることになっています。

 私たちは、「ブラック企業対策」に乗り出す厚生労働省とともに ジャーナリズム精神を持つマスメディアの方々とともに
ブラック企業を許さずに、告発し続けます。

地域労組おおさか青年部(大阪市北区錦町2-2 国労会館)

未分類 | 07:51:51 | Trackback(0) | Comments(0)
中沢誠記者と皆川剛記者、『産経新聞』の小野木康雄記者  偉大な記者を他画他賛する!!
過労死問題を追及するマスコミ記者を表彰~第7回中島富雄賞授賞式

(2013年)8月4日「過労死をなくそう!龍基金・第7回中島富雄賞授賞式」が、東京・すみだ産業会館ホールで開催された。参加者は主催者の予想をはるかに上回る146人。「渡邉美樹参院立候補などワタミ問題への関心が広がっている反映」と主催者をみている。
今回受賞したのは、過労死問題を粘り強く追いかけて報道している『東京新聞』中沢誠記者と皆川剛記者、『産経新聞』の小野木康雄記者の3人だった。

http://www.labornetjp.org/news/2013/0804shasin

※中澤記者や小野木記者は、何度か取材を受けたり、情報提供をしたり、記事にしてもらったことのある記者さんです。
 中澤記者は、年末にも素晴らしい記事を掲載されておられます。ぜひ、ブログやツイッターで広げて下さればと思います。

 ジャーナリスト精神を発揮した、気骨ある記事を書いてくださる方には、私たちは協力を惜しみません。

 その記事は、過労死をなくすために。
 その記事は、ブラック企業をなくすために。

 取材のお申し込みは、地域労組おおさか青年部まで。

 厚生労働省も、若者の使い潰し、使い捨てが疑われる企業、ブラック企業への注意を呼びかけています。

 今、健康な方も、ご注意ください。

 すべての過労は、倒れるその日までは、ただの疲労にすぎなかったのですから。

地域労組おおさか青年部(大阪市北区錦町2-2 国労会館)



未分類 | 03:14:14 | Trackback(0) | Comments(0)
あけましておめでとうございます
New\(*^▽^*)/Year

本年もよろしくです。

未分類 | 00:07:58 | Trackback(0) | Comments(0)
過労死防止基本法制定のための署名
過労死署名が難波駅で行われます。
過労死防止基本法制定のための署名用紙は、
あべの総合法律事務所のホームページからダウンロードできます。

みなさん、よろしく(((o(*゚▽゚*)o)))

未分類 | 00:46:40 | Trackback(0) | Comments(0)
『雨宮処凜さんと考える なくせ!職場のいじめ・ハラスメント』
どうも、活動時間が「Q」な、中の人です。

11月16日、大阪過労死問題連絡会主催の「雨宮処凛さんと考える なくせ!職場のいじめ・ハラスメント」に行ってきました。
がっはっはさん(仮名)の雨宮処凛推し…もとい、熱心な勧めもあってか、当日青年部10人以上の参加となりました。

弁護士さんによる飲食店で実際にあったセクハラの事例、過労死家族の方からの労災認定事例、
自分も過重労働やパワハラによって患った経緯もあり、他人事として聞くことができませんでした。

うちんとこの書記長も発言、職場のパワハラについての6類型についてや労働組合としての対応の仕方など、
こちらも事例を出しながら説明していきました。
過労死について時々涙に詰まりながらの大演説をぶちかまし、「ちょっとうるっときました」という感想などもいただきました。
(ちょっと時間をオーバーしそうなふんいきもあり、「おい!今回の主役お前じゃないぞ、雨宮さんだぞ!」という一幕も…)

雨宮さんは弁護士さんと対談形式で、フリーターだった自身が、メンタルヘルス関係から労働問題について取り組んでいく経緯などを語っていきました。
プレカリアート」という、「不安定(イタリア語でprecario)」と「労働者(イタリア語でproletariato)」をかけ合わせた、新自由主義の中で不安定な状況に至った正規、非正規にかかわらない労働者の貧困問題について語っていきました。

「ゆとり世代」と言われ、過酷な労働条件にさらされ、さらにそこで倒れた人に対して「自己責任」とさらに追い打ちをかけていく社会の仕組み。
「たかが働くためだけに、人は生きているわけではない。」
「そもそも成果を上げられるひとは偉いの?」
「学校の中で、労基法について教えてほしい。生きるための知識を教えてほしい」
「会社に気に入られる方法ではなく、ブラックな企業の見分け方を教えてほしい」
「生活保護を恥ずかしいと思わないでほしい。それで生きられなかったらお仕舞いなのだから」
いろんな言葉をいただきました。
完全とはいきませんでしたが、まとめました。

『雨宮処凜さんと考える なくせ!職場のいじめ・ハラスメント』中の人的まとめ
http://togetter.com/li/408807

こういったことを学ぶ機会を増やしていきたいですね。

それではまた。

未分類 | 22:13:11 | Trackback(0) | Comments(2)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。