■プロフィール

青年部

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「守るのは、働くものの誇り~弁護士村田浩治~
NHKプロフェッショナルの流儀に、いつも一緒に活動をさせていただいている
弁護士さんが紹介されました。10月13日22時~からで、すでにおわったんですが、
再放送があります。見逃した方は、是非。


茂木さんが、「働くということは重いことなんですね」という主旨のことを
発言していたことが印象深いです。

【再放送予定】
■10月 19日 (月) 午後4:40~午後5:30 BS2
■10月 19日 (月)翌日午前0:45~翌日午前1:35 NHK総合/デジタル総合

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/091013/index.html


第128回 10月13日(火) 放送予定
守るのは、働く者の誇り
~弁護士・ 村田浩治~

昨秋のリーマンショック以降、「派遣切り」という言葉に象徴される雇用の問題が大きくクローズアップされている。今や日本の労働者の3分の1を占めるといわれる非正規労働者の立場は弱く、「偽装請負」などの違法労働行為や、不当な解雇で苦境に立つ人が後を断たない。
大阪・堺に、そうした人々に希望を与える一人の弁護士がいる。村田浩治(49)だ。違法な労働実態があった上に解雇された場合には、職場復帰に向け救済に乗り出す。現行の法律では、違法な労働実態があったとしても派遣先の企業の雇用責任は問えないため、その救済は困難だ。裁判で勝つ見込みも少なく、報酬も少ないため、この種の問題を専門とする弁護士は、限られる。しかし、村田はさまざまな手段を駆使し、企業と粘り強い交渉を続けることで和解解決にこぎつけようとする。
村田は弁護士になって20年。この問題に取り組み続けるのには、理由がある。村田は小さな町工場を営む家に生まれた。幼いときに父を亡くし、家族皆で働き、工場を支えた。その時に学んだ思いが弁護士の原点だ。「働くことは多くの時間を費やし、“人生”そのもの。その尊さを守りたい。」
この夏、派遣切りにあったという女性が村田を頼ってきた。調べていくと、違法な労働実態の疑いが明らかになってきた。女性を救済するため、奔走を始めた村田。しかしそこには数々の壁が立ちはだかる。孤立無援の女性を村田は守りぬけるのか。
不況の時代、頻発する「派遣切り」「正社員切り」・・・数々の難題にひとり立ち向かう、ナニワの熱血弁護士。執念のドラマに密着する。
関連記事
スポンサーサイト


メディア掲載 | 01:42:30 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
おめでとうございます
夜分遅くにお邪魔いたします。

今日(昨日?)チラッとお話させて頂いたんですが……
10,000アクセス、おめでとうございます\(^^)/!!!

これからも、副部長さんだけでなく、青年部の方々ひとりひとりが、未来を担う青年のよき相談者であると同時に、「よき改革者」であることを願って止みません。

ともに頑張りましょうね!!
2009-10-18 日 02:25:54 | URL | とよのの山本(paix31415) [編集]
Re: おめでとうございます
ありがとうございます!

まさか僕以外に1万アクセスに気づいていた人が
この世に存在するとは思っていませんでしたw

ありがとう~~!!

今年一年間はいろいろありました。。。それについてはまた「副部長のぼやき」でも
かこうかな。
2009-10-18 日 15:39:15 | URL | 青年部 [編集]
楽しみにお待ちします。
派遣村に始まり、「日本の、これから」の出演……確かにそうですね。

また新規投稿も楽しみにしてお待ちしてます。

「青年部の、これから」も勿論楽しみにしてますよ~^^
2009-10-18 日 22:53:38 | URL | とよのの山本(paix31415) [編集]
番組のこと……
連投すみません。

深夜だったんで、村田弁護士の番組、再放送を録画して視聴しました。

私たちと手を携えている先生がNHKに取り上げてもらえるようになった点では世の中が変わってきたと思います。

働くものは人として尊ばれるべき……ジーンときました。

ですがしかし、最後の方で……地域労組があたかも労働者の闘いに身軽に動かない組織であるかのような描写があり、事実を歪曲しているとの感が否めません。

まだまだ私たちの頑張りが必要なんでしょうね、きっと。
2009-10-20 火 23:51:52 | URL | とよのの山本(paix31415) [編集]
Re: 番組のこと……
事実の歪曲でしょうか。

僕としては「リアル」だなと感じております。
争議の支援は本当にものすごい労力がかかります。
毎月ある裁判の膨張に仮に20名動員したとしましょう。裁判は平日の昼間に長くても20分程度です。
その裁判の膨張にいったい何人の人がきてくれるでしょうか?そしてそれは毎月です。

次に、裁判自体を広める努力が必要です。1万人の署名を集めるために
どれほどの労力が必要か。また、当事者の生活支援も必要です。
じゃぁいったい自分たちもボランティアで取り組んでいる中で他人の生活を
支えるすべをどれだけの組合がもっているのか・・・

考えれば考えるほど裁判の支援は非常にしんどいことです。
その支援を、小さな労働組合がすんなり「OK」とはいえないのは
非常にリアルです。逆にすんなりOKといってしまったほうが作為的なような気がします。

そんなこんなで長くなりましたが僕としては「リアル」だったといいたいです。

しかしながら、一方で、村田弁護士が抱えている裁判のほとんどが
労働組合に加入している人たちであるということも認識しておかなくてはなりません。

労働組合なしに大きな労働争議が成り立つことはほとんどない。
そういう意味で、その部分が番組にでてこなかったのは残念でした。


とはいえ、時間の限りがある放送番組。
そしてメインは労働組合ではなく弁護士としての村田さんが取り上げられた番組です。


労働組合の挽回は、労働組合が行うべきでしょう。
番組に労働組合が正面から出られるようになるくらいの運動をしていかなくてはならない。
今回の番組についてはそういう教訓だったかなと思います。
2009-10-21 水 16:31:22 | URL | 青年部 [編集]
お返事ありがとうございます。
まずは、丁寧で誠実な返信コメント、本当に……ありがとうございます。

それから、私の書き方が舌足らずではしょりすぎたため、誤解を生む余地が多々あったこと、お詫びいたします。

詳しく書きますね。

まず第一に、ご指摘のように、あの番組は飽くまで「熱血弁護士としての村田先生」に焦点を当てたものでした。労組を重点取材したわけではありませんでしたね。

ですから、問題のさわりも、これは私の推測ですが、「組合の重い腰を上げさせた村田弁護士」をクローズアップしたかったがために、限られた時間の中であのような取り上げ方になったものと思います。

そして第二に、副部長さんを含めて私たち地域労組のメンバーだからこそ立てる立ち位置と、それと……いわゆる「一般の人」つまり、労組とか民主的な団体とかとは殆ど縁がなく、ふだん私たちの手の届かないところにいる人々との間にある温度差のことです。

後者、つまり……あまり事情をよく知らない方々だと、あの番組を視て「なんや、弁護士はこんなに頑張ってるのに、地域労組いうたかてあてにならへんのんちゃうか」との「穿った見方」をする人がいてもおかしくない内容に私には思えます……。
視聴者のみんながみんな、本当に素直にすっと受け止めてくれる人たちならいいのですが、広い日本、物事を斜に構えて見る人やおかしな見方をする人が少なからずいるのも事実ですからね……。

……そういった方々は、番組を視聴する際の立ち位置がある意味で私たちと違うことから、視聴者に「地域労組はあてにならん」という誤解を与える余地が生じてしまっている……という意味で「事実と違う」と書いたのでした。

そういう方々にとって、まあ、攻撃や誹謗中傷まで行きはしないでほしいのですが、それらの恰好のネタに……つまり付け入る隙を与えることに……なりそうな気がしないわけではないんです。あるいは私の心配し過ぎかもしれませんが……。

確かに先のコメントで書いて頂いたように、ひとくちに争議支援あるいは生活支援と……
口で言うのは簡単ですが、実際には大変なのも知っています。

結局…エンディングまでに、ともに手を携えていくことを決意するシーンもオンエアされていましたんで、分かってくれる人は分かってくれていると思います。

そして最後に……
>労働組合の挽回は、労働組合が行うべきでしょう。
番組に労働組合が正面から出られるようになるくらいの運動をしていかなくてはならない。

ホントそうですね。
私たちみんなの手で……なんてったって、ひとりひとりが主人公なんですからね。

長々とお邪魔いたしました。
2009-10-22 木 23:02:20 | URL | とよのの山本(paix31415) [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。