■プロフィール

青年部

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カネカ、スタッフサービスに是正指導!が新聞に載りました。
下記転載です。青年部が担当している案件が読売新聞に掲載されました。


ーーーーーーーーー

派遣の業務偽装で是正指導、大阪労働局がカネカなどに

http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20090411-OYO1T00543.htm?from=main2

専門性の低い仕事にもかかわらず、専門的業務の扱いで派遣労働者を受け入れたのは労働者派遣法に違反するとして、大阪労働局が、東証1部上場の化学メーカー「カネカ」(大阪市北区)と人材派遣会社「スタッフサービス」(東京都千代田区)を3月31日付で是正指導したことがわかった。

 企業が同一業務で派遣労働者を受け入れられる期間は最長3年で、これを超える場合は直接雇用を申し入れなければならない。しかし、通訳や機械設計など26種の専門的業務については期間制限がないため、専門性の低い仕事を専門業務として扱う〈業務偽装〉が拡大しているとされる。

 両社などによると、カネカは2006年1月から、大阪工場(大阪府摂津市)で、医療器具の試作品の製造現場にスタッフサービスの派遣労働者を受け入れた。契約上は専門業務の「研究開発」だったが、同労働局は、科学的知識や技術の必要な専門業務には該当しないと判断。派遣期間はすでに3年を超えており、両社に違法状態を解消するよう求めた。

 カネカは「専門業務について認識に誤解があった。現在働いている派遣労働者約50人の直接雇用を検討している」とコメントし、スタッフサービスは「指導を真摯(しんし)に受け止める」としている。

(2009年4月11日 読売新聞)

関連記事
スポンサーサイト


メディア掲載 | 13:56:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。