■プロフィール

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
講演させていただきました。【レジュメの記録】
日本機関紙協会大阪府本部にて講演をさせていただきました。


派遣村でのボランティア経験レポートに加え、
青年労働者の実態および、この半年間の青年部の取り組み紹介をさせていただきました。


私自身、6月末に退職して依頼、
思うままにその時々学び、行動してきたので改めて
振り返る機会を頂き良い機会になりました。


特に「青年労働者と向き合う」という現場の連続の中で、
どういった「理論」をもつのか。その点が明文化できたことは
これまで「無意識」だったことを「意識的」に行える分岐点に
なったと思います。たとえば「けじめ」だったり「納得感」だったり。
こういった運動を進める上で、当事者と接する上での心構えは
重要だなと改めて思いました。

以下、お話させていただいた際のレジュメです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「派遣村」レポートと青年部の取り組み
2009年1月27日
地域労組おおさか青年部 副部長 

1. 派遣村レポート
 (1) 東京の「派遣村」に大阪から行く意味とは何か?

 (2) 派遣村を視る角度
  ① 「実態」としての派遣村
  ② 「運動の結び目」としての派遣村
  ③ 「貧困の可視化」としての派遣村
  ④ 「新たな運動論」としての派遣村

 (3) 突如現れた派遣村と日本に根付く貧困
   日本中に存在する「村民」たち。

 (4) いま、選択のとき。
  私たちはどんな社会を望むのか。

2. 「派遣村予備軍」青年労働者の実態
 (1) 大阪労働相談センターの年間相談件数3000件を突破。39歳までの相談が50%。
 →労働組合への抵抗感はほとんどなくなっている。


 (2) 青年労働の実態
   サービス残業
   有給未取得
   不当解雇
   社会保険未加入
   使い捨て雇用



 (3) 事例紹介
   ・22歳 SE 残業120h/月 懲戒解雇 

3. 地域労組おおさか青年部とは
 (1) 組織
   規模:50名程度
   4役:全員20代
   方針:闘う青年部、当事者に向き合う

 (2) 取り組み
   メインの活動はずばり、団体交渉(深夜まで喧々諤々!!)
  ・ 406争議 HPの内容一新!!
  ・ 30代男性 有期雇用契約の中途解除
  ・ 20代男性 懲戒解雇
   「闘う青年部」を支える団交ラボ
  ■ 3週間の首都圏青年ユニオン研修
    ・メディアを味方に
    ・「ユニオン運動」
    ・他の労働組合との連帯
    ・市民活動との連帯
   納得感を追及する。
   「けじめ」を大切に
   連絡はメーリングリストで双方向型(導入に悩む)
   いうことは、いう。当事者と向き合うということ。
   交通費無料。
   ユニオン・カフェの展望


4. 青年ユニオンへの展望

    ≪のろしをあげよ!!≫


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以上。
関連記事
スポンサーサイト


全体 | 10:49:37 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
ありがとうございました
1月27日はいいお話ありがとうございました。頼もしく感じました。
私ども機関紙協会大阪の月刊誌に紹介させてもらいます。
2009-01-31 土 16:32:40 | URL | 松村(機関紙協会大阪) [編集]
Re: ありがとうございました
松村さん

こちらこそありがとうございました!
機関紙協会さんで話をさせていただくことが
きっかけでいろいろと整理されました。

月刊誌楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いいたします!
2009-02-01 日 01:33:07 | URL | 青年部 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。