■プロフィール

青年部

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『東京新聞』中沢誠記者、皆川剛記者、『産経新聞』小野木康雄記者を賞賛する!!
【過労死問題を追及するマスコミ記者を表彰~第7回中島富雄賞授賞式】

(2013年)8月4日「過労死をなくそう!龍基金・第7回中島富雄賞授賞式」が、東京・すみだ産業会館ホールで開催された。参加者は主催者の予想をはるかに上回る146人。「渡邉美樹参院立候補などワタミ問題への関心が広がっている反映」と主催者をみている。

今回受賞したのは、過労死問題を粘り強く追いかけて報道している『東京新聞』中沢誠記者と皆川剛記者、『産経新聞』の小野木康雄記者の3人だった。

挨拶に立った皆川記者は「取材でわかったことは、ワタミの店長は20代と若く渡邉美樹の理念に共感していること。長時間やキツイ労働も自分が成長するための“修行”と思っている。ただ外からブラック企業と批判するだけでなく、この人たちの心にも響く報道をしていきたい」と述べた。『産経』の小野木記者は「『産経』は右だと思われているが、過労死問題に右も左もない。原点は遺族であり一人ひとりの労働者だ。これからも続ける」と語った。記念講演は『毎日新聞』東海林智記者で、安倍政権のもとで始まる「限定正社員制」が、社員同士の大競争を生み過労死をさらに増やすこと、「過労死防止基本法」をつくることが反撃の第一歩であることなどを熱く語った。会には選考委員の福島みずほ議員も駆けつけた。(M)

http://www.labornetjp.org/news/2013/0804shasin

※中沢誠記者や小野木記者は、何度か取材を受けたり、情報提供をしたり、記事にしてもらったことのある記者さんです。
 中沢誠記者は、年末にも素晴らしい記事を掲載されておられます。以下に紹介させていただきます。ぜひ、ブログやツイッターで広げて下さればと思います。


【見込み残業違反1,343件 制度悪用 不払い横行】

2013年12月30日の中日新聞(東京新聞)の1面に「固定残業代 悪用1,343件」という記事が掲載されました。
過労死を出した企業(「日本海庄や」過労死事件参照)がこの制度を悪用するなど、社会問題化している制度です。
中日新聞(東京新聞)の記事は、私どもがかつて取材を受けたり、情報提供したこともある中沢誠記者です。この方は、かつて「36協定」が形骸化している実態を綿密な取材の下、みごとに暴いた方です。

私どもは、この記者を尊敬しております。

同記事は、固定残業代を悪用した残業代未払いの違反が昨年、東京や愛知など10都道府県で計1,343件あったという同紙の開示請求による調査結果をまとめたものです。
「時間管理がいい加減になり、過労死の温床になる」との労働側弁護士の意見も掲載されています。

関連記事
スポンサーサイト


情報収集・提供 | 10:14:48 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016-01-17 日 08:29:35 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。