■プロフィール

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
中沢誠記者と皆川剛記者、『産経新聞』の小野木康雄記者  偉大な記者を他画他賛する!!
過労死問題を追及するマスコミ記者を表彰~第7回中島富雄賞授賞式

(2013年)8月4日「過労死をなくそう!龍基金・第7回中島富雄賞授賞式」が、東京・すみだ産業会館ホールで開催された。参加者は主催者の予想をはるかに上回る146人。「渡邉美樹参院立候補などワタミ問題への関心が広がっている反映」と主催者をみている。
今回受賞したのは、過労死問題を粘り強く追いかけて報道している『東京新聞』中沢誠記者と皆川剛記者、『産経新聞』の小野木康雄記者の3人だった。

http://www.labornetjp.org/news/2013/0804shasin

※中澤記者や小野木記者は、何度か取材を受けたり、情報提供をしたり、記事にしてもらったことのある記者さんです。
 中澤記者は、年末にも素晴らしい記事を掲載されておられます。ぜひ、ブログやツイッターで広げて下さればと思います。

 ジャーナリスト精神を発揮した、気骨ある記事を書いてくださる方には、私たちは協力を惜しみません。

 その記事は、過労死をなくすために。
 その記事は、ブラック企業をなくすために。

 取材のお申し込みは、地域労組おおさか青年部まで。

 厚生労働省も、若者の使い潰し、使い捨てが疑われる企業、ブラック企業への注意を呼びかけています。

 今、健康な方も、ご注意ください。

 すべての過労は、倒れるその日までは、ただの疲労にすぎなかったのですから。

地域労組おおさか青年部(大阪市北区錦町2-2 国労会館)

関連記事
スポンサーサイト


未分類 | 03:14:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。