■プロフィール

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
初任給が「残業代込み」だったら気をつけろ!
初任給が「残業代込み」だったら気をつけろ!
若者が「ブラック企業」を見抜くポイント

弁護士ドットコム 10月13日(日)12時30分配信
現代日本の重要な課題として大きな注目をあびている「ブラック企業」は、
就職活動中の若者にとって「恐怖の対象」となっている。
この夏に結成された「ブラック企業被害対策弁護団」の設立記念シンポジウムでは、
新書『ブラック企業~日本を食いつぶす妖怪』を書いた今野晴貴さんが、
「就活生たちは『就職してもボロボロになってやめざるをえない会社があるらしい』と恐れて、
『ブラック企業』という言葉を使っている」と指摘した。
それでは、就職活動中の若者や、入社したての若者が
「これだけは覚えておくべき」というポイントはあるのだろうか?
労働問題にくわしい井上幸夫弁護士に聞いた。

●「離職率」や「平均勤続年数」は要注意ポイント
「いわゆるブラック企業とは、採用した若者に長時間労働をさせ、
パワハラもあわせて、若者の心身を疲弊させて使い捨てる企業のことです。
残業時間に応じた残業代を支払わないのも特徴と言えるでしょう。


こうした『採用した社員を使い捨てる』傾向は、離職率などの数値にも表れます。
離職率が高いため平均勤続年数が短く、
毎年多くの若者を採用している企業は要注意といえます


井上弁護士はこう指摘する。他にブラック企業を見抜くポイントはあるのだろうか。

「就職情報サイトや企業サイトの求人情報だけで就職先を選ぶのは危険ですが、
その情報でも危ないと分かることがあります。

『残業代込で初任給○○万円』と表示している企業は、
ズバリ危険です。
そもそも『残業なしの基本給』や『手当』がいくらなのか、
明らかにしないのは法律違反です。


【追記】
給料が「残業代込み」の会社では、低賃金長時間労働をさせられる傾向にあります。
そのため、多くの労働者が、数年で心や体を壊してやめていきます。
「正社員」とは名ばかりで、長くは働けないのが特徴です。
給料が「残業代込み」の会社では、死ぬほど残業をさせられても、年収が240万円かそこらであったりします。

ブラック企業の見分け方としては、
大量採用・大量解雇を繰り返している会社
(=社員数と比較して募集人数が多い会社)
先輩社員に「若い社員」しかいない会社
(=長くは働けない、体力自慢の若いうちしか働けない、壊れるまでしか働けないため)
先輩社員の年収を非公開としている企業
(=過労死ラインの残業をさせられたり、1か月に2日しか休みがなくても、年収が240万円かそこらであったりするため)
病気になった社員は強制的に退職させることのできる就業規則のある会社
(=そもそも社員を使い潰すことを前提に大量採用をしているため)
このような企業は要注意です。
関連記事
スポンサーサイト


広報チーム | 02:27:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。