■プロフィール

青年部

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
労働者派遣法「改正」法案のいっそう骨抜きは断じておこなわず,国会の場で十分な審議時間を確保し早期に抜本改正をおこなうこと
以下のtwitter先に抗議を!明日派遣法「改正」案提出を許さない抗議行動を。

※「n」はTwitterを使っていない人です。国会議員への普及って少ないですね。

<緊急要請FAX先一覧>

・厚生労働省 政務三役 名前 FAX Twitter
大 臣  小宮山洋子  03-3508-3319 n
副大臣  牧 義夫   03-3508-3433 n
副大臣  辻 泰弘   03-6551-0404 n
政務官  藤田一枝   03-3508-3896 n
政務官  津田弥太郎  03-3508-9160 n

・衆議院 厚生労働委員
委員長  池田元久(民主 03-3508-3631 n
理 事  岡本充功(民主 03-3508-3622 n
理 事  長尾敬 (民主  03-3508-3830 https://twitter.com/#!/takashinagao
理 事  長妻昭 (民主  03-3508-3286 https://twitter.com/#!/nagatsumaakira
理 事  柚木道義(民主  03-3508-3301 http://twitter.com/#!/yunoki_m
理 事  和田隆志(民主  03-3508-3707 n
理 事  加藤勝信(自民  03-3508-3289 n
理 事  田村憲久(自民  03-3502-5066 n
理 事  古屋範子(公明  03-3508-3259 http://twitter.com/#!/Noriko_Furuya/

<参議院 厚生労働委員
委員長  小林正夫(民主  03-6551-0406 n
理 事  梅村聡 (民主  03-6551-0324 n
理 事  柳田稔 (民主  03-6551-1222 n
理 事  石井準一(自民  03-5512-2606 n
理 事  中村博彦(自民  03-6551-0304 n
理 事  渡辺孝男(公明  03-6551-0521 n
副大臣  辻 泰弘   03-6551-0404 n
政務官  藤田一枝   03-3508-3896 n
政務官  津田弥太郎  03-3508-9160 n



派遣法「改正」法案の骨抜き・強行はおこなわず、抜本改正を求める要請

 昨年の臨時国会では民主党と自民・公明3党による労働者派遣法「改正」法案の大幅修正は成立しませんでしたが、再度、今国会で成立ねらう動きがあると聞こえてきます。
 昨年の3党修正内容は、①登録型派遣と製造業務派遣の「原則禁止」規定の削除、②日雇派遣の原則禁止の緩和、③違法派遣の場合の「労働契約申込みみなし規定」の法施行から3年後への施行延期などであり、「改正」法案の大幅な骨抜き、事実上の改正の看板おろしといわざるを得ません。リーマン・ショックに端を発した派遣切りの嵐や「派遣村」の教訓を踏みにじり、「労働者はモノではない。使い捨て止めよ」「貧困と格差を解消し、ワーキング・プアなくせ」という、政権交代に託した労働者・国民の強い願いに逆行する公約違反そのものです。
 修正の理由については、「震災後の厳しい雇用情勢のなかで規制強化はかえって雇用を悪化させる」とか「継続審議のままで何も変わらないよりは、一歩でも前に進めるべき」などということが言われていますが、事実はあべこべです。被災地では雇用が大きく壊れ、うまれつつある新たな雇用も多くが低賃金の短期・非正規雇用で、「これでは暮らせない。復興もできない」という声があがっています。全国的にも、震災の影響を最も受けたのは派遣など非正規労働者であり、今回も「雇用の調整弁」として職を奪われ、大幅な減収に直面しました。被災者への生活支援、失業時の生活保障が不備な状況のもとで、低賃金・不安定雇用にも飛びつかなければならない状況がひろがり、それが日本の雇用を一段と悪化させるという悪循環です。「生活の安定なくして、復興も日本経済の再生もなし」「震災だからこそ、安定した良質な雇用の創造を」、これがいま学ばなければならない大震災からの教訓であり、政治の役割発揮が求められます。
 以上の趣旨から、私たちは以下のとおり強く要請します。

  労働者派遣法「改正」法案のいっそう骨抜きは断じておこなわず、むしろ、被災者や派遣など非正規労働者が置かれている厳しい実態の論議をつくし、早期に抜本改正をおこなうこと。そのため、国会の場で十分な審議時間を確保すること。

関連記事
スポンサーサイト


非正規チーム | 22:57:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。