■プロフィール

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【読売掲載】「社会派ライブ、行ってみYo~」
本日(1月8日)の読売新聞朝刊16面に、昨年12月2日に大阪の若者の町アメ村のライブハウス「サンホール」で
実施したSocial&MusicフェスU-nightが記事になりました。

「社会派ライブ、行ってみYo~」というタイトルで
大阪のライブハウスをつかった社会派ライブが取り組まれているという記事になったものです。

◆U-night特設サイト:http://u-night.info/
◆U-night twitter:http://twitter.com/unight99
◆U-nightに関して北大阪総合法律事務所の事務局員さんが報告してくれた写真入りの記事:http://www.kitaosaka-law.gr.jp/jouhou/news/news.htm#111202

新しい画像 (2)



U-nightは引き続き「1>99」という数式矛盾がフツーに横たわるヨノナカの矛盾を「現場」と「背景」の双方からえぐりだし、
「1<99」という当たり前の社会に変えるプロセスを共有していくために続けています。ライブハウスという空間で、
多種多様なIDEAとDEAIを創出し続けます。


記事には「公民館とは異なり、お酒や会話を気軽に楽しめるライブハウスこそ、多様な意見や発想が出やすい
真の公共空間。若者に語りかけやすい場として評価する動きの表れだろう。特に大震災以降は、
誰もが何かをしなければと考えている」
ことに合うという「ライブハウス文化論」という
本を書かれた方ののコメントも紹介されていました。

「労働組合はパブから生まれる」とよくいったものですが、
若者の労働運動は「ライブハウスから生まれる」?のかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト


メディア掲載 | 14:40:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。