■プロフィール

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
震災による自宅待機、労働相談受付中です。
震災の影響が西日本でもどんどんでてきています。


地域労組おおさか青年部でも現在NTTの光回線を
電話でお勧めするコールセンターのアウトバウンドと呼ばれる
仕事をしている労働者が3月12日以降、「電話を自粛してほしい」との
会社からの通達より自宅待機をさせられています。


また、別の会社で派遣で働く労働者が同じく3月11日の17時には
「今日はもう帰ってほしい」といわれいっせいに退社。その後から
ずっと自宅待機が進んでいます。


この方は「天災なので、自宅待機中の賃金が払われるかわからない。
国の判断次第」と担当者から言われたとのこと。


しかし、東北の被災地は「天災」であったとしても、
その影響をうけてアウトバウンドを自粛していることは
会社の事情。またすくなくとも「天災だったら払ってはいけない」わけでは
決してなく、このようなときにこそ労働者に内部留保を活用して
しはらわれるべきです。すくなくとも賃金の6割は補償されます。


とにかく、コールセンターやそれ以外でも震災を理由に自宅待機や
解雇を申し込まれている方がいらっしゃいましたら必ず相談ください。


青年部では「もともと経営悪化だったにもかかわらず」、「震災の影響で」と
記載した書類が会社から出回っているという事例もあります。


このような「便乗」を許さず、権利を勝ち取りましょう。


まずは相談を。

【法的資料】
365日メルマガバックナンバー震災特集





06-4801-7733
E-mail:seinenbu@local-union-osaka.org(土日はこちらにメールください)



地域労組おおさか書記次長
地域労組おおさか青年部書記長 中嶌

関連記事
スポンサーサイト


労働相談紹介 | 10:34:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。