■プロフィール

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【学習会】基礎研にて講演させていただきます。
基礎経済研究所の学習会に呼ばれて本日1時間程度講演させて頂きます。
事前告知が遅れましたがもしお時間ある方はお越しくださればと思います。


http://www.kisoken.org/ocw/ocwge100403.html

 日時:2010年4月3日(土)14:00-
  会場:京都大学法経済学部棟東館 202演習室
  資料代:500円

  テーマ:貧困と地域労働
  司会 :小沢修司(京都府立大学)
  報告1:布川日佐史(静岡大学)
        「日本とドイツの生活保護から見る貧困」(仮)
  報告2:中嶌聡(地域労組おおさか青年部)
        「派遣労働者による大阪地域労組の反貧困の闘い」


<開催要旨>
 3月に開催される鹿児島集会のテーマのひとつは「貧困」ですが、それに引き続き、4月の現代資本主義研究会も「貧困」に関わるテーマで開催することとなりました。
 そこで報告されるのは、ドイツと日本の生活保護行政を長く研究されている布川日佐史静岡大学教授と地域労組おおさか青年部の中嶌聡さんです。静岡にいらっしゃる布川さんには久しぶりに京都に来ていただくこととなりました。中嶌さんは、去る12月に大阪で開催された基礎研と働き方ネットとの共同企画に参加されていた方で、「地域労組の若手活動家」として今とりわけ注目を浴びておられる方です。どちらも現場の生なましい状況を語っていただけるはずです。貧困を議論する良い機会ですので、是非皆さまお集まりください。
関連記事
スポンサーサイト


労働運動理論研究会 | 01:16:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。