■プロフィール

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【読売掲載】「社会派ライブ、行ってみYo~」
本日(1月8日)の読売新聞朝刊16面に、昨年12月2日に大阪の若者の町アメ村のライブハウス「サンホール」で
実施したSocial&MusicフェスU-nightが記事になりました。

「社会派ライブ、行ってみYo~」というタイトルで
大阪のライブハウスをつかった社会派ライブが取り組まれているという記事になったものです。

◆U-night特設サイト:http://u-night.info/
◆U-night twitter:http://twitter.com/unight99
◆U-nightに関して北大阪総合法律事務所の事務局員さんが報告してくれた写真入りの記事:http://www.kitaosaka-law.gr.jp/jouhou/news/news.htm#111202

新しい画像 (2)



U-nightは引き続き「1>99」という数式矛盾がフツーに横たわるヨノナカの矛盾を「現場」と「背景」の双方からえぐりだし、
「1<99」という当たり前の社会に変えるプロセスを共有していくために続けています。ライブハウスという空間で、
多種多様なIDEAとDEAIを創出し続けます。


記事には「公民館とは異なり、お酒や会話を気軽に楽しめるライブハウスこそ、多様な意見や発想が出やすい
真の公共空間。若者に語りかけやすい場として評価する動きの表れだろう。特に大震災以降は、
誰もが何かをしなければと考えている」
ことに合うという「ライブハウス文化論」という
本を書かれた方ののコメントも紹介されていました。

「労働組合はパブから生まれる」とよくいったものですが、
若者の労働運動は「ライブハウスから生まれる」?のかもしれません。


スポンサーサイト
メディア掲載 | 14:40:43 | Trackback(0) | Comments(0)
【大阪国独立!?】労働大臣に任命頂きました。
架空のお話ですが・・・
1月5日付け朝日新聞朝刊26面にて
「大阪国独立!?」と題した記事の中で「労働大臣」に任命していただきました。
「サービズ残業撲滅し「平日デート」を実現します」と題した記事にして頂きました。

記事のインターネット版は有料ですが、現在3ヶ月無料とのことですので、
一度ご覧くださればと思います。

「大阪国独立!?労働大臣」
http://digital.asahi.com/20120105/pages/localnews.html

新しい画像 (2)

また、この記事を見てくださった25歳のSさんが昼過ぎ事務所に電話をくださり、
「3年弱ネットワークシステムエンジニアとして働いてきて、働き方について疑問を
持ってきて、何かをしたいとおもっていた矢先の記事で是非加入したい」と電話を
かけてきて下さり、夕方にお会いして地域労組に加入されました。

朝日新聞さんに感謝です(笑)


記事の中でサービス残業撲滅をうたっていますが、この記事は架空の話を
前提にしながらも僕自身もサービス残業撲滅は必須でありかつ可能なことだと
本気で信じています。

いろんな問題が関連しているために「これをやればなくせる」という一発逆転の
方法はなかなかありませんが、飲酒運転の教訓と同様、サービス残業に対して
労働者が告発し、労基署がしっかりとりしまり、悪質な会社には徹底して
処分を下すような姿勢を見せて実践することで「サービス残業以外」の方法による
健全な競争を大阪にもたらすことができると思います。

ルールをまもった上での競争をしなければ、「業界利益No.1」などとHPで
うたっている会社が残業代一切はらっていなかったために業界利益No.1だったということも
あります。こんなばかげた「業界No.1」をうたわせるような「競争」を競争と呼ぶなら
そこに勝利をしている人たちはなんら讃えられるようなものではないと思います。

真面目な経営者のみなさんなら同意頂けると思います。


正直者がバカをみない大阪にしていければと思います。


今後は、私たち青年部としてもサービス残業告発キャンペーンなど
取り組みたいと思っています。情報提供お待ちしております。


メディア掲載 | 14:29:35 | Trackback(0) | Comments(0)
2011年12月分の働くルールメルマガです。
今年も「青年の労働問題を解決し続ける」ことをモットーに、取り組みます。
よろしくお願いします。

以下は、恒例の2011年12月分の「365日働くルール」一覧です。検索にお役立て下さい。

12/1 【解決事例】Q:地方支店の閉鎖にともなって解雇。これって正当?
12/2 Q:工場設備の老朽化のせいで、作業中にケガをした。会社に賠償を求めたいです。
12/3 Q:職場に個人用ロッカーがなく、私物が盗難にあった。会社の責任を問えますか?
12/4 Q:正式な「就業規則」を見たことがないです。
12/5 Q:「会社のお金を横領した」という理由で解雇された。でも、私は無実です。
12/6 Q:職場にはタイムカードがなくて、正しい残業時間を申告できない!
12/7 Q:入社前の研修に何度も呼び出されて、負担が大変。研修参加は断れない?
12/8 Q:派遣先が内定して入社準備をしたのに、急に内定が取り消された!
12/8 【事例募集】就活生の働くルール
12/9 Q:仕事中にケガをした。労災保険を申請したいけど会社が拒否します。
12/10 Q:給料の支払が遅れてます。遅れた分の利息も請求できますか?
12/11 Q:「入社後、1年以内に退職するなら罰金5万円」と言われてます。
12/12 Q:「アルバイトの残業代は、時給10%増」と言われました・・・。
12/13 Q:すぐ怒る上司が、「始末書が3枚たまったらクビ」と言います。
12/14 Q:外販の仕事をしてます。「外で仕事をしてるので残業代は出ない」と言われました。
12/15 Q:自宅に会社のパソコンを置いて「在宅勤務」をしてます。残業代は出ないでしょうか?
12/16 Q:給料の支払日がバラバラ。いつ支払われるか分からない!
12/17 Q:就職の際に、「戸籍の証明書を無料で発行してもらえる」って本当ですか?
12/18 Q:「上司に暴言を吐いたから、慰謝料を給料から差し引く」と言われた!
12/19 Q:上司が、「辞める覚悟で目標達成を目指せ。全員から退職届を預かる」と言います!
12/20 Q:「辞める覚悟で頑張れ!」と言われて、退職届を書いてしまいました。
12/21 Q:食堂のバイトです。お客さんが少なくなると「今から休憩」と言われて、時給が払われません。
12/22 Q:忘年会で、上司から飲酒を強要されます。断りたいです。
12/23 Q:上司に酒を強要された翌日、酒気帯び運転で罰金になり、それが理由で解雇された!
12/24 Q:会社から得意先へ出す年賀状。今年からは「各担当者の自己負担で」と言われた!
12/25 Q:「明日までに50ページの報告書を書け」と言われて、できなかったから解雇された!
12/26 Q:怒鳴りまくる上司に土下座をする社内研修・・・。どうしても受けなければならない?
12/27 Q:「正月の休みは、全員が有給休暇を取りなさい」と言われた!
12/28 Q:有給休暇を取ったら、「皆勤手当」が支払われないのですが・・・。
12/29 Q:「希望退職制度を導入する。でも退職希望者が少なかったら整理解雇をする」と言われた!
12/30 Q: 全員が休憩時間中にレポート課題に取り組むよう命令されています。
12/31 【解決!!】残業代未払い300万円を払わせた!


未分類 | 00:52:32 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。