■プロフィール

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
地域労組おおさか青年部の取り組みです
サービス残業、有給未取得、派遣切り、パワハラ、セクハラなど等…

「就職すれば違法に当たる」と言われる世の中で、
私たちは「裏切りの連鎖」を目の当たりにしてます。

労働条件が明示されない、残業代が払われない、有給休暇がもらえない、
社会保険にいれてもらえない。こんな職場で労働者は何を考えるか?

「もっと良い仕事無いかなぁ」と休憩中、退職後考えています。
すると、会社が臨む「創意工夫」などもしづらく、その会社で5年、10年後の
ことを考えて働こうとも思えません。そのような条件で、そんな思考を促すような
「裏切り」が連鎖して、会社にとっても不利益になります。

そんな状況を変えるために以下、取り組んでいきます。

1つ目は、「適応する」こと。つまり「我慢」
2つ目は、「キレる」こと。会社の担当者に暴力を振るう、放火する、などの犯罪をおかしてしまうこと。また、
「こんな会社辞めてやる」と自ら会社を辞めるのも「キレる」にあたる。

でも「我慢」の先に何かがあった終身雇用の時代は終わった。
今「我慢」の先にあるものは、うつ病か過労死だ。
そんな僕らに「キレるな」というのか?
最低限の労働条件すら守られない状態の僕らは、「キレ」て当然だと思う。
でも、どうせ「キレ」るなら、正しく、賢くキレよう!

これが第三の選択肢。そう「正しくキレる」である。
この方法論を提示し広めたい。


-------------------
地域労組おおさか青年部では「正しくキレる」を実践する方法論として
「組合に入ることで手に入る二つの権利(団体交渉権、団体行動権)」を使って
一人からでも誰でも入れる労働組合の実践を行っている団体です。

【活動概要】
1.労働相談→団体交渉→権利救済

 →1年間で30件程度担当し、25件程度解決しています。
  相談内容で多いのは、圧倒的に「不当解雇」です。サービス残業、 
  派遣切り、労働条件の不利益変更、有休取れないなどなど。

2.UNIONCAFE:http://seinenunion.blog33.fc2.com/blog-category-18.html

 →「会社にたてつく」と聞くと誰もが「そこまでしなくても」とか
  「そんなことしてないで次の仕事さがせば?」といった言葉をかけられます。
  そういった心遣いもよくわかりますが、わかっちゃいるが収めることができない。
  そんな気持ちを共有できる仲間である青年部員同士でざっくばらんに交流する企画。
  みんなで飯つくって、みんなで状況を共有して楽しみながらまったりすごす。
  「闘う青年部」の骨休めです。とはいえ、ここで見出された「立ち上がる意義」は
  時には長くかかる交渉を続けるためにはもっとも大事だったりもします。

3.抗議宣伝:http://seinenunion.blog33.fc2.com/blog-entry-93.html

 →団体交渉をしても誠実に対応してこない会社には抗議宣伝を行っています。
  組合以外の団体が行えば営業妨害と訴えられる可能性がありますが、労働組合が
  行えば正当な権利の行使にあたります。通常、交渉に応じてこない相手には
  あきらめるしかないところですが、労働組合ならこういった「次の一手」があるのです。

4.ニコニコ生放送:http://seinenunion.blog33.fc2.com/blog-category-5.html

 →労働組合のかたーいイメージを崩したい。「コンビニ労組ン」がスローガン。
  労働組合という選択肢を多くの人がもてるように、青年部の広報手段として
  リスナーが気軽に質問ができるネット上でのオープンスペースとしてニコニコ生放送を
  月2回程度をめどに行っています。

5.365日働くルールメルマガ
http://merumo.ne.jp/00578945.html
 →毎日30秒で読める働くルールメルマガです。労基法を中心に自分たちが使うことができる
  法律を弁護士さんにかいてもらっています。今なら無料!登録はブログのトップから
  登録できます。


以上4つのアクションを主に行いながら進めています。


6.メディア掲載:http://seinenunion.blog33.fc2.com/blog-category-17.html


--------------

現在青年部では予算が乏しく今後の活動を続けていくために
カンパを集めています。
引き続き活動を続けるために下記基金への参加をお願いしています。



【口座番号】
1口5000円/年

郵貯銀行 大阪支店 口座番号 00970-9-194743
お名前、ご住所、電話番号、E-mail、FAX番号をお書きの上で、
本ブログ左にあるメールフォームよりお送りください。
振込みを確認後お礼のご連絡をさせていただきます。

また、基金を頂いた方には、毎月のニュース発送等情報共有をしています。


活動は継続してこそ意義があると考えております。
是非ご協力のほどよろしくお願いします。



スポンサーサイト
未分類 | 01:51:12 | Trackback(0) | Comments(0)
【転送・転載大歓迎】11/28「MBS映像'10」にて取り上げられます。
◆転送・転載大歓迎!◆

「正しくキレよう!今どきの労働組合運動なう」
■MBS毎日放送 「映像’10」http://www.mbs.jp/eizou/
■日時:11月28日(日)24時50分~25時50分


大阪の一人加盟労働組合、地域労組おおさか青年部が
1時間のドキュメンタリーとしてとりあげられます。
「闘う青年部」として労働相談から団体交渉を一貫して取り組み始めて
2年とすこしたちました。今年2010年5月からはじまった密着取材の
結果として、28日(日)に放送されます。是非転送・転載して
広めてやって下さい。よろしくおねがいします。

■番組紹介
若者たちをとりまく劣悪な労働環境。いま不当解雇やパワハラなど理不尽な事例が後を絶たない。
そんな時代に生まれた大阪の小さな「若者たちの労働組合」がある。
スローガンは「正しくキレよう!」。泣き寝入りせず、正しいことを正々堂々と
主張しようということだ。インターネットを駆使して活動の輪を広げ、実績も上げてきた。
27歳の書記長を筆頭に多彩なメンバーが繰り広げる、若者らしい軽やかさに満ちた日々を追った。

-
----------------------------------------------------------------
~一人からでも入れる組合~
地域労組おおさか 青年部 書記長 中嶌
E-mail : local.union.osaka.seinenbu@gmail.com
Blog  : http://seinenunion.blog33.fc2.com/
Twitter: http://twitter.com/norosy
★365日働くルールに関するメルマガ配信中★
メルマガ:http://merumo.ne.jp/00578945.html
Book:「さぁ、才能に目覚めよう」
----------------------------------------------------------------


未分類 | 19:00:40 | Trackback(1) | Comments(11)
大学で講演してきました。

本日とある京都の私立大学の法学部で講演をしてきました。
みなさんしっかり感想を書いてくれたのでそれぞれ抜粋して
少しご紹介します!!

新しい画像 (8)jpeg


新しい画像 (7).jpeg




・ニュースを見ていて、入りたくないなと思っていたが、
貧困スパイラルの話を聞いてブラック会社をほうって置くと、
周りにも悪影響を与えるとういことなので、ブラック会社をなくして行くことが大事だと感じた。

・自己責任から自己の社会的責任の時代にということになるほどと感じた。

・自分が働いている会社がブラックかどうかは、他の職場の話を聞いて
始めてわかるのではないか。ブラック会社かどうかの目安が明確に
設ければもっと職場の改善に役立つと思う。

・もっと労働組合が立場の弱い労働者に浸透して、労働者、企業、
労働組合が敵対することなく、お互いを高められる関係が理想であり、
そのためにも、中嶌さん達の活動に注目して行きたいと思った。

・私も就職活動で何社かは件会社を受けた。派遣は素晴らしいと
問うていた社員に、あなたは派遣で働きたいか?と聞くと私は嫌だと答えた。
矛盾した世界だなと感じた。

・自分が困った時の選択肢が増えてよかったなと思いました。
自分がもし悪条件での労働をしていたら、すぐ辞めるのではなく、
増す悪条件の証拠を確保して、組合に相談し、会社内部から変えて行きたいと思った。


新しい画像 (6)

・リアルな話が聞けてよかったなとおもいます。特に、貧困スパイラル、
椅子取りゲーム、働く仕組みを変えようという話は、あぁなるほどなぁ
となっとくさせられました。今の時代、自分の職場に100%満足している人は
そういないのではないかと思います。でもそれも仕方ないことだと思って
受け入れてしまってるんだと思います。私自身も、社会に出て働くというのは、
そういうことだと思っていたし不景気だなんだと言われている現代では、
むしろ就職できるだけ幸せなんだと思い込んでいました。
でも、そう言う考え方も、貧困スパイラルを生み出している一員なのだなと
気づかされました。そのうち景気も回復するだろう、いつか誰かが
、解決してくれるだろうではなくて、就職したら労働組合にも入ろうと思います。

・印象に残ったのは就職すれば違法に当たるという言葉。そんな言葉がでるほど、
今の社会の雇用状況が悪いのかと驚いた。

・過酷な労働環境において、正くキレるという手段はいわゆる貧困スパイラルを
打ち破ることのできるひとつの光明であると思った。

・自分だけがいい会社にはいればいいという考え方では、
ブラック会社を減らすことにはならず、むしろ違法に作られた者が、
市場で広がってしまい、結局は貧困スパイラルが広がって行くという
考え方がとても新鮮でした。ということは、どの様な環境であれ、
一人一人が社会を変えるためにまず考え方を変えて行く必要があると思った


・労働問題の改善に取り組むことは、その他の社会問題に対して
最も波及効果が高いというのは、、とても合理的な考え方だと思った。

・働くを設計するという言葉が印象に残ります。

・中嶌さんが、敵対すべきは経営者ではなく、社会の仕組み、
ルールであるとおっしゃていた、自分の考えていたことは間違っていないと安心しました。


広報チーム | 17:19:26 | Trackback(0) | Comments(0)
ラジオとテレビに出演します!
MBS(毎日放送)のラジオに23日、テレビに書記長中嶌が28日出演します。
【MBSラジオ「たねまきジャーナル」】
■日時:11月23日(火)21時~22時

■内容:書記長中嶌が派遣会社の正社員から転身した理由や
 現在青年部で扱っている争議、そこからみえてきたものなど
http://www.mbs1179.com/tane/


→たねまきジャーナルのサイトで紹介されました!
http://www.mbs1179.com/tane/c-hitorigoto/index.shtml
今夜のゲスト・中嶌聡さん(27)は元々、外資系の派遣会社で正社員として働いていたそうですが、
営業として、様々な会社の人事部を訪れ「これからの時代は正社員より派遣のほうが
こんなにお得ですよ」と売り込む仕事。
続けているうちに「これって、社会を不安定にしているんじゃないか」と気づき、
安定をした立場を投げ打って、労働組合の世界に飛び込みました。
ひとりでも、誰でも入れる組合。
ひとりでも、ちゃんと法律を知って、正しくキレれば解決への道はある、とおっしゃいます。
フリーダイアル:0120-378-060
中嶌さんの収入は以前に比べて3分の1以下だそうです。
生き方を選択するときに、収入ではなく、社会を変えるかどうか、という
物差しもあるってことですね。
水野・勤労に感謝・クリスタル


【MBS映像'10「正しくキレよう!(仮)」
■日時:11月28日(日)24時50分~25時40分
■2010年5月からの7ヶ月間の密着取材。青年部の活動全般です。

http://www.mbs.jp/eizou/
是非、ご視聴あれ!


労働相談は06-4801-7733 地域労組おおさか当てでも、
0120-378-060 全国の労働相談センターでもどちらでも
結構ですのでおかけください。

メディア掲載 | 15:03:47 | Trackback(0) | Comments(0)
シンポジウム「ブラック企業の見分け方」


下記シンポジウムでパネリストをします。

シンポ「就活におけるブラック企業の見分け方」のご案内

大阪過労死問題連絡会主催で以下のようなシンポジウムが開かれます。働き方ネット大阪にとっても無関心ではおられない就職前と就職後の若者の悲惨な状況がテーマです。多くの人の参加で活発な議論がされることを期待しています。

〈過労死110番プレシンポジウム〉
若年労働者の過労死・過労自殺からみる
就活におけるブラック企業の見分け方
 
労働者を人と扱わない「ブラック企業」は、優秀でやる気に溢れた人材を巧妙に確保しようとしています。若年労働者の雇用情勢が悪化し、新卒者が路頭に迷う事態が生じる中で、ブラック企業に就職し心身の健康を害する人が大勢います。

過労死・過労自殺ゼロの社会をつくるために、就活中の学生、過労死遺族、労働組合、労働問題に取り組むNPO団体、過労死問題に取り組む弁護士たちが「ブラック企業の見分け方」について議論します。

就職活動中の学生、就職して間もない新人社員らにスポットを当てて、若年労働者がブラック企業に就職し、過労死・過労自殺に追い込まれていく過程や構造を、多角的に検討する貴重な機会です。どうぞ、皆さまお誘い合わせの上、奮ってご参加下さい。

基調講演 弁護士 松丸 正さん
「労働におけるコンプライアンス~日本海庄や事件から見えてきたもの」


報 告
・「上場企業の闇」  吹上 了さん(上場企業で過労死した青年のお父さん)
・「団体交渉でわかる使用者の本音」  中嶌 聡さん(地域労組おおさか青年部)
・「なぜ若者は会社を去るのか~ハローワークの調査から」 川村 遼平さん(NPO法人POSSE事務局長)
・「私のシューカツ体験」  T・Aさん(就活中の女子学生)


日 時 平成22年11月17日(水) 午後6時30分~9時00分
会 場 エル・おおさか5階研修室2

★ 「過労死・過労自殺110番」(無料電話相談)のご案内 ★
日時:11月20日(土)午前10時30分~午後3時
相談先電話番号 : 06-6312-2708


イベント | 17:25:40 | Trackback(0) | Comments(0)
メガネ点に抗議宣伝をしました。
下記内容、和解により一部加工・削除しました。

抗議宣伝を実施ました。
【なぜ抗議宣伝をするのか?】

ブラック会社を減らすには違法・無法な働かせ方をさせるほうが結局コストがかかるという空気をつくる必要があります。そのために、私たちは団体交渉をしても和解しようとしないブラック会社は徹底的に叩きます。「そんなことをしていたらこうなるよ」と見せることで、結局法律無視するより、正しく経営したほうがいいよね。という空気を作りたいからです。正しく法律を守り悩みながら経営している会社が伸びていくようにしていきたい。
私たちはそのために抗議宣伝をしています。


写真削除




【経過】
神戸店1Fにあるメガネショップの店長にして
チェーン全店の仕入及び店員教育を担当していたОさん。

オープンから3年間、自店、チェーン店全体の為に身を捧げる日々を送ってきました。
オープン当初、社員の店長がいたものの売上が振るわず、おまけに3ヵ月目に失踪。
以来、Oさんが神戸店の店長となり、売上は社員店長がいた頃の1.5倍となりました。

元々、服飾店のバイヤーだったOさんは、その商品の見極め能力が認められ、全店の仕入を
任される様になります。自費で他店の商品を購入したり、海外の工場見学をするなどの努
力も実り、Oさんが仕入を担当するようになってからチェーンの売上は、前年比
で5∼10%の伸びを実現する。

「業績が悪く、給与が高いから、辞めてもらいたい」といきなりの通告に驚いたОさん。
それもそのはず、チェーンの売上は前年比プラス成長で、店舗損益は大幅黒字化していた
ところ。給与だけなら、他にも高いスタッフがいる。正社員じゃないから?
 疑問点を確認するもそれ以上の回答はなく、結局5月末、会社側が紙面を整えた退職
届けに署名することを拒めませんでした。しかし納得できなかったOさんはその後組合に
加入し、現在までに団体交渉を2度実施し、組合から和解案を出すも会社側は歩み寄らず
今回の抗議宣伝の行うことになりました。

写真削除

そもそも、永続的に続けるメガネ店の店長業務が3ヶ月を上限とする有期間雇
用でいいのでしょうか?



 労働契約法第17条2項では「使用者は、期間の定めのある労働契約について、
その労働契約により労働者を使用する目的に照らして、必要以上に短い期間を定
めることにより、その労働契約を反復して更新することのないよう配慮しなけれ
ばならない。」とあり、これに違反しています。また厚生労働省の「有期労働契
約の締結及び更新・雇止めに関する基準」では、「相当程度の反復更新の実態が
ある」場合、正社員と同様の雇い止め基準が適応されるとされています。

 この点から考えるとOさんは親会社が当初より所有する店舗で約3年間、
小会社に運営委託会社が変わってから6ヶ月間も働いており上記基準に当てはまります。
つまり、「給与が高いから」では理由になりませんし、経営赤字というならば
眼鏡事業だけでなく会社全体の経営状態で判断されます。よって、明らかに不当
解雇です。法律を無視し、都合のよい有期契約を繰り返し、あげく、会社の一部
の事業の赤字を理由に解雇にする。このような経営体質は許せません。



【私たちは考えます】

皆様、ずっと続く業務・職種なのに3ヶ月を上限として有期雇用でずっと更新されたあげく、期間満了と言われ
て解雇されたらどう思いますか?
 頑張って結果を出しても最後は使い捨て。誰がやる気を保って会社に貢献しようと思えるのでしょうか?
 私達は安心して働きやる気をもって仕事をしていくために、メガネ点運営会社に体質改善を求め、
同様な働き方を強いられている従業員とも会社に対して働きかけていきたいと考えます。


抗議宣伝 | 15:15:12 | Trackback(0) | Comments(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。