■プロフィール

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6月30日ニコニコ生放送やります!


もうかれこれ10回目くらいでしょうか。
日々の労働問題に対してリアル生で答えます。
また今回はサービス残業、過労問題で闘った当事者も登場。
是非ごらんあれ!

↓↓

【労働相談】当事者登場あり。


【お知らせ】
過去のニコ生放送の報告88の質問
365日働くルールメルマガ配信中



スポンサーサイト
未分類 | 17:19:54 | Trackback(1) | Comments(0)
オープンユニオンカフェ 選挙イベント「THE CHOICE」行いました。
6月18日に告知していたユニオンカフェを行いました!


当日参加者は22名、青年部以外からも8名いらっしゃり、マスコミを含めると26名の
参加になりました。
グループ討論全体

全体の説明のあとに「ワールド・カフェ」というファシリテーション手法を用いて
小グループ(5,6人)になってディスカッション。

ROUND1、2のテーマは「そもそも選挙って?」

guru-up1.jpg

mozousikakikomichuu.jpg


guru-pu2.jpg

↑このグループではこんな話になりました。
「そもそも若者って選挙にいかないよね。」「だって選挙行っても1票でしょ?一票で変わらないよねー」「選挙行って何か得するの?」「選挙行ったら1万円くれるなら行くなぁ」「あ、でもそれって本質っぽい。選挙行くことで得する人が選挙に行っているよね」「政治家って選挙で当選しないとだめだから票をくれる人のための政策をするようになるよね」「だとしたら若者が選挙に行かないってことは若者のための政治をしないってことじゃない?」「若者のための政治をさせるために選挙に行くことが大事なんじゃないかな。」「もちろん若者のためだけでも困るからバランスよくみんなが選挙に行くことで特定の少数のための政治ではない真に国民全体のための政治ができるんじゃないかな」

グループ討論中


最後にできあがった模造紙たち。
ROUND3のテーマは「7月11日までに投票先を決めるために何をするか?」

グループ3模造紙

グループ1


7月11日までに行う行動リストとして提案があったもの
・自分たちが政治に何をしてほしいかを明確にする。
・政治家の政策の対象と効果をわかりやすくまとめる。
・政治家の政策の中で若者のための政策がわかるように表現してもらう。
 表現方法にフォーマットを設ける「対象者○○で、効果は○○です」というふうに。
・わかりやすい選挙情報を共有するネットワークをつくる。


などなどでした!

最後になりましたが、各政党へお願いしておりました文書質問に対して
民主党の大石正光さん、公明党の石川ひろたかさんから回答を頂きました。
頂きました回答は当日来場者に印刷して配布させていただきました。

また、当日は日本共産党の清水ただしさんがご来場頂きました。
清水ただしうしろから

選挙に対する考えと、参加者からの質問とでたっぷり一時間。
会場からは「なんでお笑いから政治家になったのか?」
「ワールド・カフェで話をしている間に選挙に行っても意味がないのではないかと
感じてしまうという意見がだされた。これに対してどう考えますか?」
「共産党は小さい政党なので選挙でかって過半数をとって○○を実現しますということも
できない。少数の政党にいれても死票になるのでは?と思う人もいると思うがその点はどうか?」

などなど質問があり、一つ一つに丁寧にお答え頂きました。


なかなか、選挙への意欲が低下している中で今回のように
みんなで「そもそも選挙ってどうなんだろう?」と話しあったり、
各立候補予定者の訴えを生で聞いたりする機会は貴重だと思います。


また、青年部では毎日労働相談、団体交渉を行っていますが、
その背景には国会が作った「働くルール」が守られているか、
機能しているかという根本的な問題があります。
ルールが良くてもまもらるような仕組みになっていなければ意味がない。
そもそもルールが守られていてもルールが悪くても意味がない。


それのルールを具体的に決める国会議員を決める選挙。
是非みなさん、各政党のHP党をチェックしていきましょう。

※ワールド・カフェとは、大人数で議論を活発化させる方法論の一つで30分毎の3ROUND。
 1ラウンドは20~30分程度で、2ラウンド目はテーブルを移動し、3ラウンド目で元の
 テーブルに戻ってきて他のグループで話し合っていたことを交流することで効率的に議論を深化させる方法。
 詳しくはコチラ→http://www.humanvalue.co.jp/service/wcafe/

■「ワールドカフェをやろう」おすすめ本
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%92%E3%82%84%E3%82%8D%E3%81%86-%E9%A6%99%E5%8F%96-%E4%B8%80%E6%98%AD/dp/4532314887



イベント | 12:11:32 | Trackback(0) | Comments(0)
365日働くルール届きます!
今年に入って考えていた一つの構想がついに実現!

「365日働くルールメルマガ」
http://www.mag2.com/m/0001300110.html


※メールマガジンのサイトを移行したためアドレスを変更しました 2011年9月18日


そう、「毎日少しずつ労働法が学べるメールが届くといいのになぁ」という
「そしたら、みんな自分の働き方を法的にチェックできるし、不当な会社の
対応に対して公然と対処できる。その結果、不当に傷ついたり、職を失ったり
する人が減るんじゃないだろうか。そして、それでもまだ対応できないって
人が、そうなったときにすぐに労働組合に相談できるんじゃないだろうか」


そんなことを考えていました。


で、ばったりお会いした弁護士さんにそのことを相談してみたら、
「よしやろう!」と、その後なんと数日でできちゃいました。



さーみなさん登録してください!
毎日、簡単に労働法を学べるようにショートメールを送ります。
働いているときのちょっとした時間、30秒以内に読めて、
自分たちの働く権利を学べる。そして無料!こんなメルマガ、
いまだかつて日本にはない(はず)。



実はこれ、書記長が毎日サラリーマン時代からうけとっていた
ビジネスメールからアイデアをもらったもの。
「経営者側にもあるのなら労働者側にあってもいいのでは」と考えました。
それに「FREE」という経済理論が最近でてきていますが、
これを労働組合に応用したいと思っていたものでもあります。


今回のこのメルマガは、フリーミアムの理論を使って
やってみています。是非、労働組合への参加も検討くださいね!


さて、登録する時にかまえてしまうこともあるかとおもいますが、
「メールアドレスは私たちには通知されません」ので、ご心配なく!
私たちには参加者数しかわからないシステムです。



それと、大変恐縮ですが、まだプロトタイプというか、
試行錯誤中ですので、もしかしたら毎日届かないとか、
ちょっと文章が変だとか、連絡先が変わったとか色々
不手際があるかもしれませんが、その点は一ヶ月くらいの間に
かなりまとまったものになると思いますので少しの間は
お許しください。


また、もっとこうしたらいんじゃない?などのアイデアは募集!
「こういうときどうしたらいいの?」という知りたい労働法も
募集しています!なんせ365日分のめーるですからこちらも
ねたがつきるかもw そんなときは皆さんが聞きたいことを投げてみてください。


相談の上、反映するかもしれません!
是非是非、365日働くルールメルマガ、育ててやってください。





情報収集・提供 | 19:31:54 | Trackback(2) | Comments(1)
オープンユニオンカフェVol11「THE CHOICE」やります!
ユニオンカフェの第11回を開きます。

今回は2回目のオープン企画です。

来る参議院選挙に向け、大阪一円の全若者対象として開きます。
「自分達の声は議員には届かない」「だから投票なんて行ってもムダ」なんて考えてませんか?
事前に「悩める若者の疑問」を設問形式で各政党の立候補者に投げかけ、
生の声を聞かせていただくよう要請しています。

カフェ形式のまったりしたムードの中、同じように悩める若者とトークしませんか?
周りの方を誘ったり、ゼヒご参加ください!
参加費は青年部員はタダ、外部参加者は別途500円必要となります。

◆タイムスケジュール◆
17時:料理等準備
18時:開場
18時30分:開始
18時45分:事前質問に対する立候補者回答を元にグループトーク
19時45分:食事
20時30分:参加者全員でのまとめトーク
21時:オープンスペーステクノロジーを使ってのトークタイム
21時30分:片付け、終了
★スペシャルゲストとして、立候補者が来るカモ!?
→一政党から参加表明がすでにあります!

【日時】6月18日(金) 18時00分~21時30分
【場所】ほっとすてんしょん(地下鉄 谷町六丁目 6番出口から東へすぐ)
 http://hotstension.com/homepage/hotmap.html
【事前準備】17時、地下鉄谷町六丁目6番出口集合
【参加連絡】06-4801-7733 E-mail:local.union.osaka.seinenbu@gmail.com


◆事前に投げた質問◆
1. 現在若者労働者はサービス残業、非正規化、低賃金化、などに
ワーキングプアと呼ばれる労働者群が作られています。こういった状況に
対して何が原因であると考えていますか?特に様々考えられる原因の中で
政治によって変えられる解決できる分野について教えてください。(1000字以内)


2. 本通常国会での成果を3つ以内で教えてください。(2000字以内)
 例1:若者の雇用に関する法案○○法案を提出、可決された。これによって~
  という効果が○○年度からある。
  例2:国会の○○法案に対して△△の点で国会質問を行う。□□の回答を引き出しそ
  の結果、~となった。これによって~という効果がある。


3. 派遣法改正案は「若者」、「雇用」における最大焦点のテーマですが、
  どのようにお考えでしょうか?賛成、反対の立場を明確にした上でお答えください。(1000字以内)


4. 20代、30代の失業について、国会議員になられた暁に提言される
  具体的政策をお教えください。支出の伴う政策であれば、その具体的財源と
  その実現可能性も併せてお教えください。(2000字以内)


5. CHOICE参加者に一言お願いします。(800字以内)


■前年度のユニオンカフェの様子
ttp://seinenunion.blog33.fc2.com/blog-category-18.html


UNIONCAFE | 15:06:21 | Trackback(0) | Comments(1)
首相退陣の日に東京に。
「派遣法抜本改正」を求めて6月2日、3日と東京へ。
その日は衆議院の厚生労働委員にて派遣法改正案の強行採決がなされるとき。


民主法律協会の派遣研究会より送りだして頂き国会前の座り込み行動に参加してきました。
suwarikomi.jpg

しかしながら首相退陣により、すべての委員会は「流会」
ryuukai.jpg

座り込みの間に行った大阪からの連隊の挨拶のあと、何名かに取材を受けました。
shuzai.jpg

また、その場に首都圏青年ユニオンをはじめ日本の労働運動を学びに来た
韓国青年ユニオンの委員長もいらっしゃり交流しました。カメラを構えているのは韓国の民放です。
韓国青年ユニオンの密着取材をしているようです。
kankokushuzai.jpg



6月3日には、自由法曹団が主催する国会要請に参加してきました。

民主党初鹿議員の秘書と話をしている間に初鹿議員が出てきました。
hatusika.jpg

追いかけながらエレベーター前にて話す。
中嶌「派遣法改正を今国会で通過させるんですか?」
初鹿議員「国会対策が決めるので今の情勢ではなんとも言えない」
中嶌「なんともできないって厚生労働委員のメンバーなんだから意見をいうくらいはできるのでは?」
初鹿議員「そういうもんでもないんだよ~!」と走りながら去っていきました。

minnshutou.jpg


元厚生労働副大臣の自民党大村議員の秘書。
「はいはい、はいはいはい」の連呼。
SANY0045.jpg


以上、新首相になり、本日のニュースでは社民党の福島議員が
郵政問題と派遣法はセットだと主張して今国会で派遣法改正案を成立させるように
圧力をかけているようです。国会はどう動くのか。引き続きプレッシャーをかけていきましょう。




非正規チーム | 13:23:18 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。