■プロフィール

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
くら寿司、類塾、DITA、南風に抗議宣伝を行いました。
12月21日(月)抗議宣伝一日行動DAY!を行い、
この模様をニコニコ動画にて
8:30~20:30 12時間耐久生放送しました。
20代30代の組合員で19名の参加でした。


下記4つの会社ではそれぞれ労働基準法違反(残業代未払い、有給未取得など)や、
人権侵害、安全配慮義務違反、派遣法違反を指摘し労働組合として団体交渉を
申し入れ、交渉を行ってきました。しかしながら、類塾では5回、くら寿司では2回、
DITA(派遣元)は4回それぞ れ団交をした上で決裂、珊瑚礁(派遣先)に至っては
1回以後は団交拒否といった状態のため、抗議宣伝を行わざるを得なくなりました。


街頭では1000枚のビラを配り、およそ20人程度の対話がありました。
ニコニコ動画では、総来場者数9995人、総コメント数27565 といった結果になりました。


■一社目:株式会社南風 店舗名珊瑚礁 http://www.nanpu.gr.jp/  パチンコ業界

南風2

南風4

【争議内容】
≪Oさん(27)≫ 09年3月から派遣元DITA,派遣先珊瑚礁にて働き始めたOさんは、
8月通勤災害に遭い仕事に一時的にいけなくなりました。
骨折でもなく強度の打撲で済んだため、維持的な休職にて対応できると思っていたところ、
派遣元DITAから「退店になり、既に他の派遣社員が入っている」との通知を受けました。
それだけでなく、既に働いた7月分の給与が通勤災害を理由に減額されており、かつ、
通常振込みであるにもかかわらず、怪我をしたOさんに対して、「制服を持って本社にくれば
渡す」といった通告をしてきました。
 驚くべきことにOさんは派遣労働者として言われながらも派遣期間が定められておらず、
休職期間中の取り扱いや、給与の受け渡しに疑問を持ち労働組合に加入しました。
会社側は団体交渉にて、本来提出すべき労働条件明示書を明示していなかっただけでなく、
当事者と結んだとして団交ででてきた書類には「請負」の文字がありました。
私たちは、不審に思い、抵触日の通知等の手続きを問い詰めていくと、二人も同席していた
相手側社労士がいるにもかかわらず、関係書類は一切出さないといってきています。
派遣元DITAの許可取り消しをも私たちは求めて闘っています。


≪Uさん(29)≫ 
 09年5月から派遣元DITA,派遣先珊瑚礁にて契約期間の定めもなく働き始めたUさんは、
働きながら、派遣先南風がとっているある「派遣使い捨てシステム」を知りました。
それは、直接雇用のアルバイトを常時募集し、アルバイトが見つかれば派遣を切ると言う
システムです。今年5月に新しいアルバイトが入ったことをきっかけに、職場で「誰かが
切られる」とうわさをしたところそれを理由に、派遣先から苦情を受けた派遣元DITAが
解雇してきました。

 その後、UさんもOさんと同時に地域労組おおさかに加入し団体交渉を重ねました。
派遣先南風と行われた団体交渉では、派遣先は、アルバイトが決まれば派遣を切るといった
システムを認め、Uさんが言っていたことはうわさでもなんでもなく事実であることが
判明しました。また、派遣先、派遣元双方が派遣期間はなかったなどと認めており、
私たちは二人の派遣や今尚南風で働く派遣社員と呼ばれる人たちは職業安定法に
違反する労働者供給事業であると考えています。

派遣元とは4回、派遣先とは1回の団交後、交渉に応じない姿勢をみせており
私たちは今回抗議宣伝に踏み切りました。

■2社目:株式会社類塾 http://juku.rui.ne.jp/ 塾業界 大阪第一区トップとのこと(HPより)

類塾3

類塾前1
【争議内容】
 Hさん(24)は09年3月入社当初から深夜に及ぶ残業を繰り返していました。
4月には総労働時間は300時間を超え、会社側が後日認めた残業だけでも122時間、
続く5月には78時間の残業に及びました。
 これはいわゆる「過労死ライン」である単月100時間、2ヶ月にわたって概ね80時間
を越える残業であり、危険なレベルです。実際「声がでない」「ろれつが回らない」
「睡眠が浅い」などの症状を訴え、5月から通院、6月始めには「労務不可」の診断が
され、休職せざるを得なくなりました。また、休職前、会社に迷惑が掛かると退職を
申し出るも、類塾側は自宅にまで乗り込み明け方まで問い詰めるなどしてきました。

残業代や安全配慮義務違反を認めてもらおうと組合に入り交渉に挑んだHさんでしたが、
会社側は当初残業代を一切認めませんでした。そもそも類塾全体が「共同経営者」であり、
Hさんは、労働者ではないので残業代は払わなくても良いと主張してきました。

類塾社員は360名前後いますが、それらすべてが共同経営者だといった主張でした。

私たちは勤務実態からも、また、取締役にも就任していないH氏が経営者であるはずがなく、
労働者性を認めよと交渉し、労働基準監督署にも告発にいたりました。
労基署は8月31日、Hさんを労働者と認め、残業代の未払いについて是正勧告を行いました。

これを受けて、団体交渉にて「全員の残業代を払え」と交渉しましたが、
会社側はなんと社員はH氏一人であり、約360人いる社員の中で労働者はHさんだけだ
と主張してきました。このような常識はずれの回答に埒が明かず、残業代未払い及び、
過労死を超える残業をさせた会社側に対して抗議宣伝を行うことになりました。
また、休職期間中、類塾はHさんの私生活を尾行していたことも発覚(12月8日の
最終団交にて)しました。こういった私生活への不当な介入よりH氏は退職せざるを
えない状況にまで追い込まれています。


■3社目:有限会社DITA  HP見つかりません 

DITA2.jpg

dita4
【争議内容】 株式会社南風と同じ

■4社目:株式会社くらコーポーレーション
蔵前5

くら4 (22)

くら前1

 Kさん(26)は、『くら寿司』長吉出戸店にて従業員に対する盗難が相次ぐ中、2009年5月3日、自らも盗難の被害に遭いました。
 しかし、納得のいく調査は行われず、5月21日、「こんな職場では安心して働くことができない!」と、有給休暇(8年10ヶ月間、一度も取得したことのない)を取得した上での退職を申し出ました。
 『くら寿司』は、Kさんを呼び出し、「有給休暇は取得できないが、買取りならできる。まず、手続きとして、5月21日付けでの退職届を書いてほしい。」と言いました。
 Kさんはこの発言から、Kさんの有する有給休暇の全期間40日分(有給休暇は最大2年分までしか遡れない)を買い取ってもらえるのだと思い、その場で退職届を書きました。
 しかし、書かせた後に『くら寿司』は、「20日分しか買い取れない。」と騙し討ちのようなことを言い出し、後日、Kさんが退職届の撤回を申し出ても、「できない。5月21日付けで退職している。」と弁護士を使って書面を送りつけ、不当にも取り合おうとしませんでした。
 また、くら寿司では本来一分単位で計算しなければならない残業代30分単位で支払っており、
今年労働基準監督署に訴えたKさんには残業代が支払われています。しかしながらKさん以外の
労働者への残業代はいまだ払われているか不明のままです。
 Kさんは、個人加盟の労働組合『地域労組おおさか』に加入し、『くら寿司』と交渉を始めましたが、『くら寿司』は同様の回答を繰り返すばかりです。
 東証一部上場企業が立場の弱い労働者に対して圧力を使い、当然の権利を侵害する。
 まして、9年近くもの間、アルバイトリーダーとして一生懸命働いてきたKさんに対して、このような仕打ちは許されるものではありません!


以上のような経過から、私たち地域労組おおさか青年部は、会社側が歩み寄りの姿勢をみせ、
具体的な提案があるまで抗議宣伝を続けます。

くら寿司、類塾に対しては、当事者だけでなく
今現時点で働いている労働者の権利として残業代を支払わせることを求めます。
DITA,南風にも、現在違法派遣状態で働かされている労働者がいます。
彼らに対しても適切に直接雇用化すべきことを主張します。


■ニコニコ動画配信中…「ブラック会社に対抗する方法」コミュニティーより配信

写真は、宣伝カーから配信するPCの生放送中画面
ニコ生


にこにこ動画では、一秒間に3コメントくらい表示されるなど抗議宣伝中の
反応もかなりありました。ビラを受け渡すだけではわからない宣伝への意見やコメントを
読むことができました。またこの生放送を通して、こういった一人加盟の労働組合が
あることなどを知らせることができたことも画期的だったのではないかと思います。




私たちは考えます。



20代の労働者が職場で健康状態を悪化させるほどの残業をさせられたり、
派遣という仕組みを使い使い捨てにされたり
8年は働き続けているにもかかわらずアルバイトで雇い続けたり、不当に賃金をカットしたり
する企業が(たとえばくら寿司は2007年度の業界利益NO.1をHPでうたっていますが)
業界の労働水準を下げていくのではないかと。

こういった法律を守らずコストを払わない企業が増えれば増えるほど、
私たちの雇用は劣化し、消費は減退し、国内消費は一向に回復せず
景気が戻ることはないのではないかと。


そして、私たち一人加盟の労働組合はこういった企業に法律を守らせることによって
会社が本来負担すべきコストをかけさせることで、この不況の厳しい中でも
正しくコストをはらっている企業が伸びていく事を応援したい。適切な雇用を増やしたい。


そのためにも闘い続けます。


スポンサーサイト
抗議宣伝 | 18:07:55 | Trackback(0) | Comments(0)
松下PDP最高裁弁論に参加してきました。
11月27日、日本で今最も注目されている労働系裁判の一つ、
松下PDP偽装請負の裁判支援に行ってきました。


大阪でカンパを頂きました皆様、本当にありがとうございました!





松下1


裁判が始まる2時間前の12時から最高裁を人間の鎖で取り巻こうと続々と人が集まっていました。
13時ごろにはヒューマンチェーンも完成し実行委員の発表では800名が参加。
歌や踊りや、宣伝カーでの訴えを繰り返しこの裁判が注目されている、ということを
アピールしまくっています。


いよいよ裁判が始まる30分前。


300名が傍聴席の抽選に並びます。

matusita2.jpg

yosioka.jpg

murata.jpg


裁判が終わり、記者会見後報告集会が行われました。


吉岡さん以外の争議でがんばる当事者からも訴えがあったり、
吉岡さんの争議支援をしてきた労働組合や弁護士、政治家(日本共産党)の皆さんから
激励の言葉がありました。


村田弁護士は、裁判の判決言い渡し日が12月18日になったことに触れ、
「司法の最高の場である最高裁判所が『去年のような年末を過ごさせない』との
決意をもってこの日を指定してきたと考えたい」と語りました。



また、NHKプロフェッショナルの流儀に出演した際言っていた
「負けても良い」という言葉には続きがあるとして



「勝つまで闘う。だから負けない」と力強く戦いの継続を訴えました。



当事者である吉岡さんも、この間の争議支援に感謝しつつ、闘い続けたいと
短いながらも思いを語り会場全体が高揚感に包まれました。



大阪発のこの歴史的争議の判決は12月18日。
村田弁護士が主張するように、この日本の司法の名において、
人間の尊厳を尊重する社会なんだと希望が持てる判決が下ること要請したい。



相手は世界のパナソニック。

18日出る答えは、利潤最優先の企業の論理か、それとも、人間の尊厳を守る論理なのか。



非正規チーム | 20:22:48 | Trackback(0) | Comments(0)
玉出で過労死
あの激安スーパーの玉出で過労死があったようです。
現在団体交渉中の案件の中でも100時間を越える残業、多いときは200時間を越える残業をさせられて
体調を崩しながらも闘っている組合員もいます。このニュースは他人事ではありませんね。


http://www.asahi.com/national/update/1204/OSK200912030164.html
大阪の激安スーパーとして知られる「スーパー玉出(たまで)」(大阪市西成区)が、パート従業員らを違法に長時間労働させていたなどとして、淀川労働基準監督署は3日、スーパー玉出の前田託次社長(65)と同社を労働基準法違反などの疑いで大阪地検に書類送検し、発表した。長時間働かせていたパート1人が亡くなっており、同署は「過労死」と認定した。

 淀川労基署によると、スーパー玉出東淀川店に勤務していた50代の女性パート従業員が2007年9月、勤務中にくも膜下出血で倒れ、約1カ月後に死亡した。1日平均約12時間働き、時間外労働は月147時間に及んでいた。同署は、遺族の申請に基づき違法な超過勤務による死亡と判断、08年5月、女性の労災を認定した。 女性の過労死をきっかけに、同署は東淀川店を調査。その結果、前田社長と同社は07年7~9月、亡くなった女性を含むパート従業員の男女計18人に、月平均約120時間の違法な時間外労働をさせたうえ、同年7~10月分の時間外の割増賃金約146万円も支払わなかった疑いが判明。また、労働安全衛生法で定められた年1回の健康診断を受けさせなかった疑いも持たれている。 同署は、東淀川店のパート従業員の給料明細書やタイムカードを提出しなかったとして、当時同社顧問だった社会保険労務士(53)も労基法違反容疑で書類送検した。 スーパー玉出管理本部は「長時間労働と健康診断は指導を受け是正した。割増賃金は通常の賃金の中に含まれており、支払っていると認識している。女性の遺族とは和解した」としている。 民間信用調査会社などによると、スーパー玉出は1978年に創業され、09年2月期の売り上げは約450億円。大阪府内で約50店舗を展開している。

以上書記長


争議紹介 | 15:55:03 | Trackback(0) | Comments(0)
東京でキャバ嬢がユニオン結成!
東京でキャバ嬢がユニオンを結成したようです。
地域労組でも同様の業界からの相談者もちらほらありますが、賃金未払い、遅配は当然、
手渡しをいいことに脅されるなど被害は続出しています。



http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20091202-571683.html

キャバ嬢が労組結成へ、団交!ストある!?

 キャバクラ勤務歴がある都内の女性らが中心となり、労働組合「キャバクラユニオン」を近日中に結成することが1日、関係者の話で分かった。キャバクラ嬢らによる労組結成は極めて異例。きらびやかな衣装をまとい、高額を稼げることもあるキャバクラ嬢は最近、若い女性の人気職業になりつつある。だが、一部店では「夜の世界の慣例」的に、違法性が疑われる罰金制度や賃金未払いなども水面下で横行。結成後、店側に待遇改善を求めるなどの活動をするという。

 関係者によると、労働組合「キャバクラユニオン」(仮称)は、東京のキャバクラに勤務していた女性らが中心となり近々結成予定。一部店における賃金未払いや法外な罰金制度、従業員らからのセクハラなどが背景にある。キャバクラ嬢らによる労組結成について、連合は「聞いたことがない」としている。

 同ユニオンは、東京の個人加盟労組「フリーター全般労組」の分会として発足させる方向で、今月中にも準備委員会を都内で開く。結成後は、経営者側との団体交渉などを通じて待遇改善などを目指すほか、支援や相談に応じる窓口としても機能させたいという。

 フリーター労組によると、今年に入りキャバクラ嬢らから賃金未払いなどの相談が相次いだ。「指定日に客を呼べなければ罰金数万円」「15分遅刻で罰金1000円」など労働基準法(制裁規定の制限)に違反するとみられる例も多いという。同労組共同代表布施えり子さん(28)は「就職希望者が多いから買い手市場となり、一部の店は労働基準法を無視した“無法地帯”化している」と話す。

 名古屋市の地域労組「名古屋北部青年ユニオン」にも、店を辞めようとした女性が「罰金が未払い」として店から数十万円を請求されたとの相談があった。同ユニオンのホームページには、ある女性の「罰金は遅刻が15分1000円、当日欠勤は担当者が許可しても1万円。客からも暴力をふるわれた」という体験が載っている。同ユニオンの石田進さん(37)がキャバクラ嬢からの相談の増加を実感したのは今年夏ごろ。昨年以降の不況で女性たちが派遣切りなどで職を失い、切羽詰まって「夜の職業」に流れているようだという。

 今回、ユニオン結成の中心になっている女性は、勤務していた店が賃金の一部を支払ってくれない上、男性従業員らから悪質なセクハラを受けたなどとして、東京都の労働委員会に救済を申し立てた。女性は「さまざまな悪条件も『夜の世界では当たり前』と店や同僚からも言われた。キャバ嬢たちが泣き寝入りしないよう、労組を支援の窓口にしたい」と話している。

 [2009年12月2日8時24分 紙面から]


未分類 | 10:40:03 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。