■プロフィール

青年部

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
正社員を希望しない若者たち。
「正社員になんかなりたくない」。

青年部で相談を受けていると、「なんで正社員の打診をことわったのか?」と
たまに思うときがあって聞いてみる。すると答えは、何時間働いても金銭的に
報われない「サービス残業」や、賃金UPはならないのに責任感という24時間
会社の電話にでなければならない義務を負わされるのがたまったもんじゃないからだと
言うことがわかってくる。


実はサービス残業の問題は「未払い賃金が払われればそれでよし」という問題では
決してない。下記の毎日新聞の記事がそれを物語っているので紹介する。

要は、「普段の生活を両立できない」ほどの残業は、どれだけ賃金が安くてもOKな
人であったとしてもその仕事を選択することはできないということだ。


企業は一工夫で人材確保が容易になることを理解すべきだし、
サービス残業を撲滅することは、残業時間を短くする取り組みへの
大きな動機になる。政府も労働組合も残業時間の一掃に力を
入れて取り組まなければ、正社員も派遣もパートもアルバイトも希望の
ある働き方がこの日本からなくなってしまう。


いや、もうすでになくなっている。


http://mainichi.jp/hokkaido/news/20091129hog00m040002000c.html

医療:月1時間勤務でもOK 看護師不足解消へ 札幌の医療法人が新制度


「超短時間勤務制度」を導入したシオン山鼻北病院。パート看護師の採用で正職員の負担の軽減が期待される=札幌市中央区で
 札幌市中央区で二つの病院を経営する「医療法人シオン」(小笠原篤夫理事長)は今月、1カ月1時間からでも勤務できる「超短時間勤務制度」を導入した。資格を持ちながら、出産や育児で現場を離れた「潜在看護師」らの掘り起こし、看護師不足解消を狙う。

 制度を使って看護師を募集しているのは、シオンが運営する内科の「シオン山鼻病院」(ベット数74床)と循環器科などがある「シオン山鼻北病院」(同76床)。パート看護師として短時間での勤務が可能で、時給は900~1400円。院内の保育所に子供を預けることもできる。

 現在週3日勤務し、うち2日は4時間だけというパート看護師の女性(50)は「体調や家事を考えると定時で帰宅したいと思っていた。いずれはフルタイムで働きたいと思うので、考える時間をもらえる意味でも制度はありがたい」と話す。

 「パートを導入する病院はあるが、これだけの短時間は珍しい」(道看護協会)ことから関心も高い。シオン山鼻北病院の日向明美看護部長は「子育てで現場を離れた人が復帰するのは難しい。資格があってもコンビニエンスストアで働く人もいる」という。

 道によると、働いている08年の正准看護師数は6万9610人。看護師不足が指摘されるが、実際は増えている。しかし、慢性的な不足に加え、07年度施行の診療報酬の改定が看護師不足に拍車をかけた。改正では手厚い看護促進のため、患者数に対する看護師数を増やすことで報酬の基本料が上がる仕組みになったからだ。

 夜勤の勤務時間が1人当たり月平均72時間以内に抑制されたこともあって、「病院管理者は質を維持するため、フルタイムの看護師を雇用せざるを得ない」(道医師会)のが実情だ。そのため、全国に55万人いるとされる潜在看護師の採用は難しくなり、道医師会では「潜在看護師の1割が働いただけでも助かるだろうが、中途半端な時間では病院運営が難しい」と話す。【仲田力行】

毎日新聞 2009年11月29日 1時41分


スポンサーサイト
副部長のぼやき | 05:02:32 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。