■プロフィール

青年部

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
映画「沈まぬ太陽」を観てきました。
,3時間40分の大作「沈まぬ太陽」を観て来ました。

「沈まぬ太陽」http://shizumanu-taiyo.jp/

1985年の御巣鷹山でおきた日本航空の墜落事故をモチーフにしつつも
現在の日本航空の再建に関するニュースや、JR西日本の福知山線事故に関するニュースなどが
取りざたされている今に、まさしくふさわしい映画だと感じました。また、個人的に、
労働組合の幹部として、また一人の人間としての「在り方」について
考えさせられる・学べる本当に良い映画でした。




ネタバレになると申し訳ないので簡単に書きますが、
「詫び状を書けば日本に戻れる」と報復人事で海外配転を言い渡され続ける
元委員長が「誰に何をわびれば良いのかわからない」と言い放ったり、
「自分たちがやってきたことは会社のためだ」と言い切るシーンなど「そのとおりだ!」と
何度も相槌を打ってしまいました。一方で相反する生き方を選び会社に迎合し昇進を重ねる元副委員長。
この二人の生き様が対照的に描かれていてそしてそれがまたリアルで、考えさせられました。


また、映画の途中利益に走り、報復人事を主人公以外にも行い続ける会社にあきれ
「会社ってなんだ?」と問うた主人公の言葉が印象的だった。


プロフェッショナルの流儀で村田さんが行っていた「働くものの誇り」を
守れない会社、守ろうとしない会社、そんなものどうでもいいといわんとする会社、
社会から任された「役割」である「安全に輸送する」ことをないがしろにし、
儲けに走る会社、そしてそれに翻弄される人たち。


「会社ってなんだ?」


今働くすべての人は胸を張って「俺の会社ってすげーで!」と言えないのではないでしょうか。


そんな「今」に、誰もがどこかで会社に対する不信感を持ち続けながらも生きていくために
他の手段がなく、迎合するしかないかのように”思わされている”、そんな「今」に、
No!といえる勇気を与え、No!と言っている人たちを励まし、より強いYes!を
実行する後押しをしてくれる映画でした。


最近の「官僚の夏」「不毛地帯」といったドラマから続く「実直さ」を
前面に押し出す作品が出てきている今を象徴するようなふさわしい映画だと思います。


航空会社の事情や安全が損なわれていく過程など、
以前民主法律協会主催で参加させて頂いた、航空連の見学会で
見たり聞いたりした内容が似ているところも大いにあり、
映画を観ている間、学習会の内容を何度も思い出しました。


また、実は「あんまり人いないんじゃないかな」と思っていたら、
7割くらいは座っていて、若い人も多く観ていました。こういったメインではなくても、
労働組合がドラマや映画やドキュメンタリーで目に触れる機会が多い情勢の中で、
大胆に「闘い、かつ、共感される労働組合」を世論に訴えていくチャンスだなと思いました。


スポンサーサイト
副部長のぼやき | 02:21:51 | Trackback(0) | Comments(1)
大阪市議会が「労働者派遣制度の抜本的な見直しに関する意見書」を
採択しました!こういった市議会採択がたくさん増えることが望まれますね。



http://www.city.osaka.lg.jp/shikai/page/0000053010.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平成21年10月15日可決



衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、

総務大臣、財務大臣、厚生労働大臣 各あて



 バブル経済の崩壊や産業構造の変化等を背景に、厳しい雇用失業情勢や働き方の多様化などに対応するため制度の規制緩和が行われた結果、わが国の雇用形態は大きく変化してきた。

 しかし、正規労働者と派遣労働者など非正規労働者との間で賃金その他の労働条件に格差が存在するなど、著しく均衡を欠いた状態が指摘されるとともに、偽装請負など一部の派遣会社による違法な行為も明らかとなるなど、派遣労働者問題は大きな社会問題となっており、その解決は喫緊の課題となっている。

 こうした中、昨年秋からの急激な景気の悪化により、本年8月の完全失業率は5.5%、完全失業者数は361万人と過去最高水準となり、有効求人倍率も0.42倍と低下しているなど、一段と厳しい雇用失業情勢となっている。

 本年9月の厚生労働省の調査によると、12月までに雇い止め等によって職を失う非正規労働者は23万8,752人にのぼり、そのうち派遣労働者は全体の59.3%にあたる14万1,619人となる見込みである。

 このような状況のもと、現在、国においては労働者派遣のあり方や派遣労働者の待遇改善等を内容とする労働者派遣法の改正について検討が進められている。

 よって国におかれては、雇用失業情勢は、依然厳しい状況が続いていることから、派遣労働者の保護、待遇改善を進めるため、十分に議論を尽くされ、実効ある施策を講じられるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



未分類 | 00:55:25 | Trackback(0) | Comments(0)
日本で始めて貧困率発表されました!
記事の転載です。政権交代前から反貧困の運動側が提言してきた
貧困率が発表されました。どんどん、動き出してますね、世の中が。


国民7人に1人『貧困』 仕送りできず 働いても低時給
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009102102000066.html

国民の七人に一人が貧困状態。厚生労働省が二十日初公表した二〇〇七年の「相対的貧困率」で、こんな日本の姿が浮かび上がった。貧困率15・7%は経済協力開発機構(OECD)の最新統計に当てはめると、上から四位の高水準。OECD調査で貧困層の八割を働く人が占めるのが特徴だ。
(橋本誠)
「こんなに高かったのか。でも、今はもっとひどいのでは」。昨年暮れ、栃木県の自動車工場で派遣切りに遭った男性(47)がつぶやいた。二年前は青森県でトラック運転手をしていた。「年収約二百四十万円。妻子と三人で暮らすのは楽ではなかった」と振り返る。

配送先の倒産で給料の大幅ダウンを迫られ退職。自動車工場の派遣契約も四カ月で打ち切られた。今は労働組合が借りた東京都新宿区のアパートに身を寄せ、生活保護を受けながら仕事を探す。
「仕送りができず、妻の実家にいる中学生の息子の修学旅行費が心配。資格なしでできる仕事は月給十八万円ほどだが、それすら見つからない。働きたいのに…」と焦る。

OECDが集計した二〇〇〇年代半ばの最新統計で、日本の貧困率は14・9%。メキシコや米国などに次いで四番目。中でも貧困層全体に占める働く人の割合は82・8%で、加盟国中六番目。OECD平均の62・8%、米国の72%を上回った。
首都圏青年ユニオンの河添誠書記長は「細切れの雇用が広がって賃金水準が下がり、失業したときの雇用保険の受給率も極めて低い。まともに働いてもまともに食えなくなっている」と指摘する。

一方、今回調査で十八歳未満の子どもの貧困率は14・2%。〇〇年代半ばのOECD調査で、働くひとり親家庭の貧困率は58%とワーストだ。「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」の赤石千衣子理事は「時給などの労働条件が悪く、働くことが貧困削減につながらない。英国は二〇年までに子どもの貧困率をゼロにする計画を立てており、日本も貧困をなくす義務がある」と話した。

湯浅誠・反貧困ネットワーク事務局長の話
一九九〇年代以降、雇用の崩壊とともにホームレスや母子世帯など社会的に弱い立場にある人々が真っ先に貧困化した。「構造改革路線」の影の部分である貧困問題が社会問題にならず、対策も取られず、傷口は広がり続けた。政権交代を起こしたのは、年収二百万、三百万円以下で余裕のない暮らしを営む人たちの「もう我慢できない」という声なき声だ。初めての貧困率測定で、政府は貧困問題のスタートラインについた。


未分類 | 16:33:22 | Trackback(0) | Comments(0)
「守るのは、働くものの誇り~弁護士村田浩治~
NHKプロフェッショナルの流儀に、いつも一緒に活動をさせていただいている
弁護士さんが紹介されました。10月13日22時~からで、すでにおわったんですが、
再放送があります。見逃した方は、是非。


茂木さんが、「働くということは重いことなんですね」という主旨のことを
発言していたことが印象深いです。

【再放送予定】
■10月 19日 (月) 午後4:40~午後5:30 BS2
■10月 19日 (月)翌日午前0:45~翌日午前1:35 NHK総合/デジタル総合

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/091013/index.html


第128回 10月13日(火) 放送予定
守るのは、働く者の誇り
~弁護士・ 村田浩治~

昨秋のリーマンショック以降、「派遣切り」という言葉に象徴される雇用の問題が大きくクローズアップされている。今や日本の労働者の3分の1を占めるといわれる非正規労働者の立場は弱く、「偽装請負」などの違法労働行為や、不当な解雇で苦境に立つ人が後を断たない。
大阪・堺に、そうした人々に希望を与える一人の弁護士がいる。村田浩治(49)だ。違法な労働実態があった上に解雇された場合には、職場復帰に向け救済に乗り出す。現行の法律では、違法な労働実態があったとしても派遣先の企業の雇用責任は問えないため、その救済は困難だ。裁判で勝つ見込みも少なく、報酬も少ないため、この種の問題を専門とする弁護士は、限られる。しかし、村田はさまざまな手段を駆使し、企業と粘り強い交渉を続けることで和解解決にこぎつけようとする。
村田は弁護士になって20年。この問題に取り組み続けるのには、理由がある。村田は小さな町工場を営む家に生まれた。幼いときに父を亡くし、家族皆で働き、工場を支えた。その時に学んだ思いが弁護士の原点だ。「働くことは多くの時間を費やし、“人生”そのもの。その尊さを守りたい。」
この夏、派遣切りにあったという女性が村田を頼ってきた。調べていくと、違法な労働実態の疑いが明らかになってきた。女性を救済するため、奔走を始めた村田。しかしそこには数々の壁が立ちはだかる。孤立無援の女性を村田は守りぬけるのか。
不況の時代、頻発する「派遣切り」「正社員切り」・・・数々の難題にひとり立ち向かう、ナニワの熱血弁護士。執念のドラマに密着する。


メディア掲載 | 01:42:30 | Trackback(0) | Comments(6)
貧困率の調査が始まる!
民主党が公約に掲げおり、NHKセーフティーネットクライシスに出演した
厚生労働省政務官山井さんが貧困率の測定について発言されていました。


そして、ついに、貧困率の測定を厚生労働省の長妻大臣が
官僚に指示したとのニュースが流れました。
貧困率の測定は非常にすばらしい政策です。なんせ、
これで「何が効果があったか」がわかるのですから。


大きな、大きな前進です。

下記に山井議員のメルマガを転載します。
1週間に一度くらいの頻度で流れており非常におもしろいですよ。
。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆
やまのい和則の
「軽老の国」から「敬老の国」へ
第1306号(2009/10/06)
。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆



★★ 貧困率の測定と、削減目標の設定へ ★★

~ 「子どもの貧困」の撲滅に動き出す ~


メルマガ読者の皆さん、こんにちは。

朝から晩まで厚生労働省の大臣室と政務官室に、
こもりっきりという日々が続いています。

朝から晩まで多くの官僚の方々と意見交換。


今日は、補正予算や基金の削減について、
来年度の概算要求、
介護労働者の賃金引上げと介護施設の整備、
緊急雇用対策、母子加算の復活、子どもの貧困の撲滅、
年金記録問題、医療制度改革などについて議論。

毎日、議論は広範囲です。

特に、菅直人国家戦略局担当大臣に長妻大臣と共に呼ばれ、
緊急雇用対策について打ち合わせをしました。

さらに、財務省と母子加算復活の4回目の交渉。
1日も早い母子加算の復活のために、連日、交渉を続けています。


また、昨夜のNHKスペシャルで私が発言したように、
長妻大臣が、今日、貧困率の測定と貧困率の削減目標の設定を
担当者に指示しました。

貧困率とは、国民の平均世帯所得(正確には中央値)が
日本では449万円(年収)、その半分の年収225万円以下の世帯が
14.9%いるというものです。

この日本の貧困率14.9%が、
先進国ではアメリカに次いで2番目に高いのです。

また、その世帯に属する子どもは14.3%。
つまり、子どもの7人に1人が、オギャーと生まれた瞬間に
貧困家庭に生まれているのです。

これもOECD平均より4%高い。

しかし、この数値は厚生労働省は正式には認めていません。
OECDが勝手に計算したものとしています。

そこで、今回、長妻大臣が厚生労働省に貧困率の測定を指示し、
それにもとづき、削減目標を決めることになりました。

これはすごいことです。
貧困率を下げることが今後の日本の政策目標の1つになるからです。

毎年、今後、貧困率や子どもの貧困率が数値で出てくるので、
政策が正しいか、間違っているかが、すぐに評価できます。

鳩山政権は、子どもの貧困の撲滅を最優先課題の1つとします。
貧困率や子どもの貧困を減らすことを、政権の大きな目標とします。


明日火曜日は、障害者自立支援法の廃止について、議論をします。
1つ1つ頑張ります。山井和則


追伸
4日(日)に放送された「NHKスペシャル」が再放送されます。

日時は、
10月7日(水) 0:45~2:13(今日の深夜)です。

大変遅い時間帯での再放送ですが、よろしければご覧ください。


【再掲】
NHKスペシャル「セーフティーネット・クライシス Vol.3
しのびよる貧困子どもを救えるか」

チャンネル:NHK総合( 関西2チャンネル、関東1チャンネル )

テーマ:“人生前半の社会保障”

内容:親の収入格差による子どもたちの教育格差、
世代を超えた格差の固定化への危惧に対し、子どもたちの可能性を伸ばし、
将来を担う人材として学び育つ環境をどう保障するかを議論。

出演者:株式会社ローソン 代表取締役社長CEO 新浪剛史さん
関西学院大学教授 神野直彦さん
反貧困ネットワーク事務局長 湯浅誠さん など



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ☆
(2009/10/06 読者数 3813 [同内容のメルマガ合計 4302])

ご意見・ご質問・ご感想はこちら:yamanoi@yamanoi.net
ホームページもご覧ください:http://www.yamanoi.net
-----------------------------------------------
メールマガジンの原稿を転載し、福祉を良くする運動の輪を
広げて頂くことは、大歓迎ですが、
必要な場合はご一報頂ければ幸いです。
Copyright(C)2000 Yamanoi Kazunori All rights reserved.
================================================= 
◎やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000027832/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます


反貧困 | 10:54:12 | Trackback(1) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。