■プロフィール

青年部

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
生活保護に同行してきました。
地域労組おおさか青年部のキリンです。


今日、難波で40代の男性と出会い、生活保護の同行に行ってきました。

難波駅で待ち合わせをしているときに、大きな荷物を4つも
おいて、ビルの角に座っている明らかに住居をうしなった感じの
男性が座っていました。話しかけてみると2月6日に病院を
強制退寮させられて身内も連絡がとれず、すむところも無く、
ネットカフェや公園で寝泊りしていたとのことでした。元をたどれば、
半年前に病気で仕事が続けられなくなり、入院と同時に社員寮を
追い出されたところからホームレスへの道は始まっていました。


ちなみに、所持金は17円だけでした。


団体交渉があったので、先に1000円貸して、
SUBWAYに入ってもらい団交後に再度待ち合わせる
ことにしました。団交後終わってから堺労連の山道さんも
一緒に来てくださり男性の話を聞き、大生連に電話を
かけて対応を聞き、経過もあってとりあえず二人で西成区役所に行くことにしました。


区役所にいくと、受付でお金がないっていってるにもかかわらず
「難波にいたんでしたら浪速区ですわ」と一方的に言われ、
「いや、電車賃もないんですよ?ここでどうにかならないんですか?」と
食い下がるとかなりしぶったあげくに「話は聞きます」と通されました。

そこでもすぐに「あなた住居はありますか?ないと生活保護は受けれませんので」との
一言。一昨日買って、昨日から読み始めている生活保護問題対策全国会議が
出版している「生活保護申請マニュアル」の内容や、前回大生連の大口さんに
同行させて頂いた内容を思い出しながら「住居がなくても生活保護は受けられるでしょう」
と突っ込みましたがごにょごにょいっていたので「住居がないと受けられないという
法律があるんですか?無いんですか?答えてください」とさらに突っ込んで
「そんな法律はありません」といわせたところで一息つきました。


が、続けて話を聞いていると「昨晩どこに泊まりましたか?」と
聞かれ、本人が「公園です」と答えると、行政の人が「どこの?」と
きくので「難波駅の近くです」と答えました。すると「だったら浪速区ですね」と
受付時と同じ一言。ホームレスなんだっていってるのにどこに泊まったかを
聞いてそれが西成区じゃなかったらという理由で今すぐの申請を断るなんて
おかしいやろうー!と思ったのですが、いまいち確信もなく突っ込みきれませんでしたが、
のちほど本を読み返すと「現在地保護」という考え方があることを知りました。


事前に知っていれば強く突っ込めたのに、と後悔しましたが、
とりあえず男性は「ケアセンター」というところで一週間食事と
寝床を確保でき、その間に三徳寮というところで生活保護の受給手続きが
できるとのことで、「ほとんどあなたのような状況で落ちる方はいない」という
言葉を信じてとりあえず安心して「生活保護、無事受給できたら1000円返してくださいね」と
約束して次の予定もあり男性とは別れました。

この男性、まだまだ元気そうな40代前半の男性でしたが、
それでも、この一週間、ネットカフェや公園を転々としている間に
「後数日何もおきなければ犯罪を犯して刑務所に入ろうと思っていた」と
言わせるほど追い込まれていました。


この国は、憲法25条で最低限の生活ができる権利があると国民にうたっていますが、
その制度は「刑務所」によって保たれているのか?と思わされるような一言でした。


地域労組おおさか青年部でも争議中の当事者や
相談に来たときから「生活保護」は選択肢の一つにリアルになってきています。
実際生活保護申請一歩手前までいった青年はこの半年間で2名います。


「労働運動は生活相談も受けなければならなくなってきた」と
よく言われるようになりましたが、それを実践するためには具体的な
知識と経験が無ければできないと思います。ただ単に労働組合が
生活保護に同行すればそれでいいというわけではなく、
生活保護の現場で起きうる水際作戦への対応等具体的に学ぶ必要があると思います。


特に最近、本当に大きな荷物をもっていくあてもなさそうに
歩いている比較的若い人が多いように思います。
「大阪に、最低限の生活を」という目標は高くないはずです。


「産業予備軍」が多ければ多いほど労働者は買い叩かれてしまいます。
そういう意味では、もともとあった「労働問題」が最近生活相談と
組み合わせていかないといけない実態になったことで「可視化」したのでは
ないかと思います。


ホームレス問題は、個々人の救済だけでなく、労働者全体の
底上げなのだという意識で取り組み続けられればと改めて思いました。
そして、個人的にも、先週、姉の子どもがうまれましたが、彼が大人になるころには、
ホームレスって死語にしたいな、と思います。


スポンサーサイト
副部長のぼやき | 02:57:33 | Trackback(0) | Comments(6)
NHK「日本の、これから」に出演します!!
副部長のキリンです。


2月7日のNHK「日本の、これから」という討論番組に参加することになりました!!


事前にアンケートに回答し、NHKに取材を受け、
最終的に先週土曜日の夜中に出演依頼が来ました。

テーマはもちろん、「雇用」です。

派遣切り等の情勢をうけての緊急企画だそうですが、
派遣村関係の方も出演すると聞いています。


全国放送で生放送。一生に一回出れるか出れないかのチャンスですが、
総勢25名のうちの一人で、発言機会は1、2回、トータルでも1,2分発言できれば良いほうだと
思います。どうにか頑張ってこようと思います。


「日本の、これから」
http://www.nhk.or.jp/korekara/
2月7日 20時~NHKスペシャル
     21時~討論
     23時 終了


イベント | 16:40:25 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。