■プロフィール

青年部

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
運動理論研究会【説明】
【溺れる赤ん坊のメタファー】----------------------------------

旅人が川にとおりかかったとき、赤ん坊がおぼれているのを
発見する。旅人は急いで川に飛び込み必死の思いで
赤ん坊を助け出す。しかし、岸に着くと、もう一人赤ん坊が
川でおぼれていることにきづく。それを繰り返し続けている
うちに、一人の男が上流で次々と赤ん坊を川に
投げ込んでいることにまったく気づかない。



これは「問題」と「構造」の関係を示した寓話だ。
問題には常にそれを生み出す構造がある。そして。
その構造に着手しなければ社会問題を解決することはできないのだ。

--------------------------------------------------------
以上、引用:「「社会を変える」を仕事にする」
        http://www.florence.or.jp/about/book/


この寓話、活動するものが忘れてはいけない寓話だと思う。


運動理論研究会は、「大男」を倒すための
「戦略」について真剣に考え、学び、実践にどう生かすかを考えていきます。


理論系の本、なかなか探してもありません。
運動理論系の本、募集してます。
今日7冊ほどくださった労働相談センターの通称「杉さん」。
ありがとうございました!







スポンサーサイト
労働運動理論研究会 | 02:42:14 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。