■プロフィール

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
労働者派遣法「改正」法案のいっそう骨抜きは断じておこなわず,国会の場で十分な審議時間を確保し早期に抜本改正をおこなうこと
以下のtwitter先に抗議を!明日派遣法「改正」案提出を許さない抗議行動を。

※「n」はTwitterを使っていない人です。国会議員への普及って少ないですね。

<緊急要請FAX先一覧>

・厚生労働省 政務三役 名前 FAX Twitter
大 臣  小宮山洋子  03-3508-3319 n
副大臣  牧 義夫   03-3508-3433 n
副大臣  辻 泰弘   03-6551-0404 n
政務官  藤田一枝   03-3508-3896 n
政務官  津田弥太郎  03-3508-9160 n

・衆議院 厚生労働委員
委員長  池田元久(民主 03-3508-3631 n
理 事  岡本充功(民主 03-3508-3622 n
理 事  長尾敬 (民主  03-3508-3830 https://twitter.com/#!/takashinagao
理 事  長妻昭 (民主  03-3508-3286 https://twitter.com/#!/nagatsumaakira
理 事  柚木道義(民主  03-3508-3301 http://twitter.com/#!/yunoki_m
理 事  和田隆志(民主  03-3508-3707 n
理 事  加藤勝信(自民  03-3508-3289 n
理 事  田村憲久(自民  03-3502-5066 n
理 事  古屋範子(公明  03-3508-3259 http://twitter.com/#!/Noriko_Furuya/

<参議院 厚生労働委員
委員長  小林正夫(民主  03-6551-0406 n
理 事  梅村聡 (民主  03-6551-0324 n
理 事  柳田稔 (民主  03-6551-1222 n
理 事  石井準一(自民  03-5512-2606 n
理 事  中村博彦(自民  03-6551-0304 n
理 事  渡辺孝男(公明  03-6551-0521 n
副大臣  辻 泰弘   03-6551-0404 n
政務官  藤田一枝   03-3508-3896 n
政務官  津田弥太郎  03-3508-9160 n



派遣法「改正」法案の骨抜き・強行はおこなわず、抜本改正を求める要請

 昨年の臨時国会では民主党と自民・公明3党による労働者派遣法「改正」法案の大幅修正は成立しませんでしたが、再度、今国会で成立ねらう動きがあると聞こえてきます。
 昨年の3党修正内容は、①登録型派遣と製造業務派遣の「原則禁止」規定の削除、②日雇派遣の原則禁止の緩和、③違法派遣の場合の「労働契約申込みみなし規定」の法施行から3年後への施行延期などであり、「改正」法案の大幅な骨抜き、事実上の改正の看板おろしといわざるを得ません。リーマン・ショックに端を発した派遣切りの嵐や「派遣村」の教訓を踏みにじり、「労働者はモノではない。使い捨て止めよ」「貧困と格差を解消し、ワーキング・プアなくせ」という、政権交代に託した労働者・国民の強い願いに逆行する公約違反そのものです。
 修正の理由については、「震災後の厳しい雇用情勢のなかで規制強化はかえって雇用を悪化させる」とか「継続審議のままで何も変わらないよりは、一歩でも前に進めるべき」などということが言われていますが、事実はあべこべです。被災地では雇用が大きく壊れ、うまれつつある新たな雇用も多くが低賃金の短期・非正規雇用で、「これでは暮らせない。復興もできない」という声があがっています。全国的にも、震災の影響を最も受けたのは派遣など非正規労働者であり、今回も「雇用の調整弁」として職を奪われ、大幅な減収に直面しました。被災者への生活支援、失業時の生活保障が不備な状況のもとで、低賃金・不安定雇用にも飛びつかなければならない状況がひろがり、それが日本の雇用を一段と悪化させるという悪循環です。「生活の安定なくして、復興も日本経済の再生もなし」「震災だからこそ、安定した良質な雇用の創造を」、これがいま学ばなければならない大震災からの教訓であり、政治の役割発揮が求められます。
 以上の趣旨から、私たちは以下のとおり強く要請します。

  労働者派遣法「改正」法案のいっそう骨抜きは断じておこなわず、むしろ、被災者や派遣など非正規労働者が置かれている厳しい実態の論議をつくし、早期に抜本改正をおこなうこと。そのため、国会の場で十分な審議時間を確保すること。



スポンサーサイト
非正規チーム | 22:57:10 | Trackback(0) | Comments(0)
首相退陣の日に東京に。
「派遣法抜本改正」を求めて6月2日、3日と東京へ。
その日は衆議院の厚生労働委員にて派遣法改正案の強行採決がなされるとき。


民主法律協会の派遣研究会より送りだして頂き国会前の座り込み行動に参加してきました。
suwarikomi.jpg

しかしながら首相退陣により、すべての委員会は「流会」
ryuukai.jpg

座り込みの間に行った大阪からの連隊の挨拶のあと、何名かに取材を受けました。
shuzai.jpg

また、その場に首都圏青年ユニオンをはじめ日本の労働運動を学びに来た
韓国青年ユニオンの委員長もいらっしゃり交流しました。カメラを構えているのは韓国の民放です。
韓国青年ユニオンの密着取材をしているようです。
kankokushuzai.jpg



6月3日には、自由法曹団が主催する国会要請に参加してきました。

民主党初鹿議員の秘書と話をしている間に初鹿議員が出てきました。
hatusika.jpg

追いかけながらエレベーター前にて話す。
中嶌「派遣法改正を今国会で通過させるんですか?」
初鹿議員「国会対策が決めるので今の情勢ではなんとも言えない」
中嶌「なんともできないって厚生労働委員のメンバーなんだから意見をいうくらいはできるのでは?」
初鹿議員「そういうもんでもないんだよ~!」と走りながら去っていきました。

minnshutou.jpg


元厚生労働副大臣の自民党大村議員の秘書。
「はいはい、はいはいはい」の連呼。
SANY0045.jpg


以上、新首相になり、本日のニュースでは社民党の福島議員が
郵政問題と派遣法はセットだと主張して今国会で派遣法改正案を成立させるように
圧力をかけているようです。国会はどう動くのか。引き続きプレッシャーをかけていきましょう。




非正規チーム | 13:23:18 | Trackback(0) | Comments(0)
派遣法改正ビデオ!

派遣切りはもうごめん!派遣法の抜本改正キャンペーン


http://d.hatena.ne.jp/hakenhoukaisei/

派遣法改正に対する意見表明をしているyoutubeのビデオが作られています。

1分~2分程度の短い時間で派遣法改正についての
俗説に対する意見表明をしており、映像もきれいで
見やすいです。


こういったyoutubeなどのネットを駆使した運動は
アメリカのオバマ政権を樹立した際「グラスルーツ(草の根)」から
「ネットルーツ」への以降とうたわれ注目されています。


日本もこういった展開がどんどんされれば
おもしろくなると思います。


非正規チーム | 18:22:18 | Trackback(0) | Comments(0)
松下PDP最高裁弁論に参加してきました。
11月27日、日本で今最も注目されている労働系裁判の一つ、
松下PDP偽装請負の裁判支援に行ってきました。


大阪でカンパを頂きました皆様、本当にありがとうございました!





松下1


裁判が始まる2時間前の12時から最高裁を人間の鎖で取り巻こうと続々と人が集まっていました。
13時ごろにはヒューマンチェーンも完成し実行委員の発表では800名が参加。
歌や踊りや、宣伝カーでの訴えを繰り返しこの裁判が注目されている、ということを
アピールしまくっています。


いよいよ裁判が始まる30分前。


300名が傍聴席の抽選に並びます。

matusita2.jpg

yosioka.jpg

murata.jpg


裁判が終わり、記者会見後報告集会が行われました。


吉岡さん以外の争議でがんばる当事者からも訴えがあったり、
吉岡さんの争議支援をしてきた労働組合や弁護士、政治家(日本共産党)の皆さんから
激励の言葉がありました。


村田弁護士は、裁判の判決言い渡し日が12月18日になったことに触れ、
「司法の最高の場である最高裁判所が『去年のような年末を過ごさせない』との
決意をもってこの日を指定してきたと考えたい」と語りました。



また、NHKプロフェッショナルの流儀に出演した際言っていた
「負けても良い」という言葉には続きがあるとして



「勝つまで闘う。だから負けない」と力強く戦いの継続を訴えました。



当事者である吉岡さんも、この間の争議支援に感謝しつつ、闘い続けたいと
短いながらも思いを語り会場全体が高揚感に包まれました。



大阪発のこの歴史的争議の判決は12月18日。
村田弁護士が主張するように、この日本の司法の名において、
人間の尊厳を尊重する社会なんだと希望が持てる判決が下ること要請したい。



相手は世界のパナソニック。

18日出る答えは、利潤最優先の企業の論理か、それとも、人間の尊厳を守る論理なのか。



非正規チーム | 20:22:48 | Trackback(0) | Comments(0)
人材派遣会社が署名を強制させている?
人材派遣会社が自分たちの利益を守るために派遣社員意署名を強制させている。


そんな実態がブログなどで訴えられているようです。


日本人材派遣会社が呼びかけた署名のお願い。
http://www.jassa.jp/index.php

この署名をリクルートスタッフィング、スタッフサービス、テンプスタッフ、フジスタッフ、
マンパワー・ジャパン・・・といった全国の大手企業がHP上で呼びかけています。


もし同様に「署名しないと仕事を紹介しないぞ」といった強要された方が
いらっしゃいましたら情報お寄せください。
当然のことながら一人ひとりの
自由意志でされる署名を強制することはできませんし、仕事をオファーするしないを
署名の有無によって決めることは不当です。


◆にいがた青年ユニオンブログ
http://www.niigataseinenunion.org/


◆情報はコチラ
local.union.osaka.seinenbu@gmail.com




非正規チーム | 09:32:18 | Trackback(0) | Comments(3)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。