■プロフィール

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【読売掲載】「社会派ライブ、行ってみYo~」
本日(1月8日)の読売新聞朝刊16面に、昨年12月2日に大阪の若者の町アメ村のライブハウス「サンホール」で
実施したSocial&MusicフェスU-nightが記事になりました。

「社会派ライブ、行ってみYo~」というタイトルで
大阪のライブハウスをつかった社会派ライブが取り組まれているという記事になったものです。

◆U-night特設サイト:http://u-night.info/
◆U-night twitter:http://twitter.com/unight99
◆U-nightに関して北大阪総合法律事務所の事務局員さんが報告してくれた写真入りの記事:http://www.kitaosaka-law.gr.jp/jouhou/news/news.htm#111202

新しい画像 (2)



U-nightは引き続き「1>99」という数式矛盾がフツーに横たわるヨノナカの矛盾を「現場」と「背景」の双方からえぐりだし、
「1<99」という当たり前の社会に変えるプロセスを共有していくために続けています。ライブハウスという空間で、
多種多様なIDEAとDEAIを創出し続けます。


記事には「公民館とは異なり、お酒や会話を気軽に楽しめるライブハウスこそ、多様な意見や発想が出やすい
真の公共空間。若者に語りかけやすい場として評価する動きの表れだろう。特に大震災以降は、
誰もが何かをしなければと考えている」
ことに合うという「ライブハウス文化論」という
本を書かれた方ののコメントも紹介されていました。

「労働組合はパブから生まれる」とよくいったものですが、
若者の労働運動は「ライブハウスから生まれる」?のかもしれません。


スポンサーサイト
メディア掲載 | 14:40:43 | Trackback(0) | Comments(0)
【大阪国独立!?】労働大臣に任命頂きました。
架空のお話ですが・・・
1月5日付け朝日新聞朝刊26面にて
「大阪国独立!?」と題した記事の中で「労働大臣」に任命していただきました。
「サービズ残業撲滅し「平日デート」を実現します」と題した記事にして頂きました。

記事のインターネット版は有料ですが、現在3ヶ月無料とのことですので、
一度ご覧くださればと思います。

「大阪国独立!?労働大臣」
http://digital.asahi.com/20120105/pages/localnews.html

新しい画像 (2)

また、この記事を見てくださった25歳のSさんが昼過ぎ事務所に電話をくださり、
「3年弱ネットワークシステムエンジニアとして働いてきて、働き方について疑問を
持ってきて、何かをしたいとおもっていた矢先の記事で是非加入したい」と電話を
かけてきて下さり、夕方にお会いして地域労組に加入されました。

朝日新聞さんに感謝です(笑)


記事の中でサービス残業撲滅をうたっていますが、この記事は架空の話を
前提にしながらも僕自身もサービス残業撲滅は必須でありかつ可能なことだと
本気で信じています。

いろんな問題が関連しているために「これをやればなくせる」という一発逆転の
方法はなかなかありませんが、飲酒運転の教訓と同様、サービス残業に対して
労働者が告発し、労基署がしっかりとりしまり、悪質な会社には徹底して
処分を下すような姿勢を見せて実践することで「サービス残業以外」の方法による
健全な競争を大阪にもたらすことができると思います。

ルールをまもった上での競争をしなければ、「業界利益No.1」などとHPで
うたっている会社が残業代一切はらっていなかったために業界利益No.1だったということも
あります。こんなばかげた「業界No.1」をうたわせるような「競争」を競争と呼ぶなら
そこに勝利をしている人たちはなんら讃えられるようなものではないと思います。

真面目な経営者のみなさんなら同意頂けると思います。


正直者がバカをみない大阪にしていければと思います。


今後は、私たち青年部としてもサービス残業告発キャンペーンなど
取り組みたいと思っています。情報提供お待ちしております。


メディア掲載 | 14:29:35 | Trackback(0) | Comments(0)
MBSニュース番組VOICEの憤懣本舗にて放送されました!
本日 18時15分からのMBSニュース番組VOICEの憤懣本舗にて

「ウソの求人票やめさせませんか?」として取り上げてきた
ハローワークの求人票問題を取り上げて頂きました。


テイクオフカンパニー株式会社、サンニーズソリューションズ株式会社で働く労働者からの相談 6月

  ↓
求人票の問題
  ↓
「ウソの求人票やめさせませんか?」アンケート実施 9月
  ↓
大阪青年大集会2011にて分析結果を発表 10月上旬
  ↓
全国青年大集会 10月中旬
  ↓
大阪労働局交渉 10月下旬
  ↓
MBS VOICE 憤懣本舗放送http://htl.li/7BEKQ

という流れで取り組んできた内容についての番組でした。

番組では紹介されませんでしたが、大阪労働局は11月以降の求人票では
残業代が諸手当に含まれる場合は、残業手当として項目を独立させることを確約。

就職してから「○○手当は残業手当という名前ではないけど
残業手当の位置づけだから残業代はうちは出ないよ」なんてことは
なくせることになりました。

まずは「大阪ルール」として決まったこのルール、大阪から徹底させて
全国に広めたいと思っています。


「地域労組おおさか青年部とは?」









メディア掲載 | 00:45:10 | Trackback(0) | Comments(0)
【朝日新聞掲載】「便乗解雇」警戒 震災余波の労使トラブル、西日本でも
「便乗解雇」警戒 震災余波の労使トラブル、西日本でも
http://www.asahi.com/kansai/sumai/news/OSK201105020012.html

本日の朝日新聞にて青年部が担当する震災関連の争議が掲載されました。


メディア掲載 | 13:31:03 | Trackback(0) | Comments(0)

震災雇用不安じわり 関西でも解雇、賃金未払い
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/snk20110420116.html

地域労組おおさか青年部で担当する若者14名が加入して団体交渉を行っている件が
本日付け産経新聞夕刊1面に取り上げられました。


メディア掲載 | 18:03:04 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。