■プロフィール

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ハローワークでのワンストップサービスの開催
派遣村元村長である湯浅誠氏が参与として入り年末の年越し対策に
向けて取り組んでいます。

11月30日にはついにハローワークにてワンストップサービスが
行われます。これは、昨年末、弁護士団体等が電話にて行っていた
対応を政府が制度として行うものです。

テスト運用としての11月30日の取り組みが注目されます。

大阪の労働組合もハローワーク周辺での労働相談等を行う予定です。


以下、ワンストップサービスの取り組み

■厚生労働省のHP
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/employ/taisaku2.html


スポンサーサイト
反貧困 | 17:33:53 | Trackback(0) | Comments(0)
貧困率の調査が始まる!
民主党が公約に掲げおり、NHKセーフティーネットクライシスに出演した
厚生労働省政務官山井さんが貧困率の測定について発言されていました。


そして、ついに、貧困率の測定を厚生労働省の長妻大臣が
官僚に指示したとのニュースが流れました。
貧困率の測定は非常にすばらしい政策です。なんせ、
これで「何が効果があったか」がわかるのですから。


大きな、大きな前進です。

下記に山井議員のメルマガを転載します。
1週間に一度くらいの頻度で流れており非常におもしろいですよ。
。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆
やまのい和則の
「軽老の国」から「敬老の国」へ
第1306号(2009/10/06)
。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆



★★ 貧困率の測定と、削減目標の設定へ ★★

~ 「子どもの貧困」の撲滅に動き出す ~


メルマガ読者の皆さん、こんにちは。

朝から晩まで厚生労働省の大臣室と政務官室に、
こもりっきりという日々が続いています。

朝から晩まで多くの官僚の方々と意見交換。


今日は、補正予算や基金の削減について、
来年度の概算要求、
介護労働者の賃金引上げと介護施設の整備、
緊急雇用対策、母子加算の復活、子どもの貧困の撲滅、
年金記録問題、医療制度改革などについて議論。

毎日、議論は広範囲です。

特に、菅直人国家戦略局担当大臣に長妻大臣と共に呼ばれ、
緊急雇用対策について打ち合わせをしました。

さらに、財務省と母子加算復活の4回目の交渉。
1日も早い母子加算の復活のために、連日、交渉を続けています。


また、昨夜のNHKスペシャルで私が発言したように、
長妻大臣が、今日、貧困率の測定と貧困率の削減目標の設定を
担当者に指示しました。

貧困率とは、国民の平均世帯所得(正確には中央値)が
日本では449万円(年収)、その半分の年収225万円以下の世帯が
14.9%いるというものです。

この日本の貧困率14.9%が、
先進国ではアメリカに次いで2番目に高いのです。

また、その世帯に属する子どもは14.3%。
つまり、子どもの7人に1人が、オギャーと生まれた瞬間に
貧困家庭に生まれているのです。

これもOECD平均より4%高い。

しかし、この数値は厚生労働省は正式には認めていません。
OECDが勝手に計算したものとしています。

そこで、今回、長妻大臣が厚生労働省に貧困率の測定を指示し、
それにもとづき、削減目標を決めることになりました。

これはすごいことです。
貧困率を下げることが今後の日本の政策目標の1つになるからです。

毎年、今後、貧困率や子どもの貧困率が数値で出てくるので、
政策が正しいか、間違っているかが、すぐに評価できます。

鳩山政権は、子どもの貧困の撲滅を最優先課題の1つとします。
貧困率や子どもの貧困を減らすことを、政権の大きな目標とします。


明日火曜日は、障害者自立支援法の廃止について、議論をします。
1つ1つ頑張ります。山井和則


追伸
4日(日)に放送された「NHKスペシャル」が再放送されます。

日時は、
10月7日(水) 0:45~2:13(今日の深夜)です。

大変遅い時間帯での再放送ですが、よろしければご覧ください。


【再掲】
NHKスペシャル「セーフティーネット・クライシス Vol.3
しのびよる貧困子どもを救えるか」

チャンネル:NHK総合( 関西2チャンネル、関東1チャンネル )

テーマ:“人生前半の社会保障”

内容:親の収入格差による子どもたちの教育格差、
世代を超えた格差の固定化への危惧に対し、子どもたちの可能性を伸ばし、
将来を担う人材として学び育つ環境をどう保障するかを議論。

出演者:株式会社ローソン 代表取締役社長CEO 新浪剛史さん
関西学院大学教授 神野直彦さん
反貧困ネットワーク事務局長 湯浅誠さん など



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ☆
(2009/10/06 読者数 3813 [同内容のメルマガ合計 4302])

ご意見・ご質問・ご感想はこちら:yamanoi@yamanoi.net
ホームページもご覧ください:http://www.yamanoi.net
-----------------------------------------------
メールマガジンの原稿を転載し、福祉を良くする運動の輪を
広げて頂くことは、大歓迎ですが、
必要な場合はご一報頂ければ幸いです。
Copyright(C)2000 Yamanoi Kazunori All rights reserved.
================================================= 
◎やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000027832/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます


反貧困 | 10:54:12 | Trackback(1) | Comments(0)
夜回り青年部その後
3月18日、JR大阪駅付近で21,22日に行われた反貧困大阪ネットワーク主催の
イベントを野宿者に報せようと行った「夜回り青年部」のその後です。

あの時、約20名の野宿者に話しかけビラを配りました。
その中で、認識しているだけで3名の方が相談にいらっしゃり、
内確認済みの2名が生活保護の支給が決定し、住まいを獲得しています。

名古屋で派遣切りにあった46歳の男性については
週刊プレイボーイにて掲載頂きました。夜回りをした青年部で
団体交渉をしている女性も同じく掲載していただきました。


この男性からは、4月6日市更相で出会い3月18日に貸していた
1000円を返して頂き、週刊プレイボーイを見せると「あーー懐かしい。
あの時ここにいかなかったら本当にやばかった。ありがとうございます。
ありがとうございます。」と何度もおっしゃられていました。


礼儀正しく、働く元気があるにもかかわらずホームレスにおちいってしまい、
陥ったが為に仕事が見つからないスパイラルにはまってしまう。
そんな「日本のカタチ」を象徴するような出会いでした。



とにもかくにも、家もみつかり、生活保護も受けることができ、
生活の再建ができた。これは大きな一歩です。
青年部としてもこの間の反貧困から生活保護相談までの間に
多くのことを学びました。ただ、この取り組みを広げやればやるほど
「民間の限界」を感じます。この運動の矛先は「日本のカタチ」にまで
向けていかなければならないと強く思います。


すくなくても、自分は、誰かの食べ残したお弁当をゴミ箱から
漁り、雨だろうが雪だろうが屋根のない路上で眠らざるを得ず、
毎日着替える服もない生活をしなければならないような
日本のカタチは良いとは思えない。


だれもが生活に対する安心の上に、自らの能力を伸ばし続け、
そしてその能力を発揮する機会を得ることを通して社会が
発展し続ける。そんな日本のカタチがいい。



現在と、目指すべく社会とのギャップを埋めるために、
労働組合として、青年部として活動し続けようと思います。


反貧困 | 16:04:45 | Trackback(0) | Comments(0)
【反貧困】ゼロゼロ物件
大阪の弁護士さんたちが連帯して立ち上がった無料の相談ダイヤルです。
もし友人・知人に該当される方がいらっしゃれば教えてあげてください。
下記、ビラを引用。

---------------------------------------------------------------------

もう我慢出来ない!


賃貸住宅追い出し屋被害110番」開催します!
私たち「賃貸住宅追い出し屋対策会議」は、弁護士、司法書士、市民有志などで構成し、「敷金礼金ゼロ、保証人不要」をうたい文句に賃借人を勧誘するいわゆるゼロゼロ物件賃貸住宅で起こっている強制的追い出し被害について、被害救済を目的とする団体です。

ゼロゼロ物件の保証会社の中には、家賃を少しでも滞納すると、「鍵を勝手に交換し居宅に立ち入る」、「不当な違約金を取り立てる」、一定期日までに違約金を支払わないと「家財道具を全部勝手に処分し追い出す」などの約束をさせ、脅しを繰り返したり、約束を理由に本当に追い出したりということが行われています。

そもそも、こうした約束をしたとしても無効であると考えられます。また、無断で居宅に立ち入り、家財道具を勝手に処分し、強制的に退去させるなどという行為は、刑法上の住居侵入罪・不動産侵奪罪にあたると考えられ、このような行為を許しておくわけにはいきません!

日    時 平成20年10月29日(水)
時    間 午前10時から午後21時まで
相談受付電話 06-6361-0546(電話相談のみ) 


相 談 料 無料


---------------------------------------------------------------------




反貧困 | 18:26:28 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。