■プロフィール

Author:青年部
『地域労組おおさか』とは、大阪府下にある1人から、そして誰でも入れる労働組合のネットワークです。

『地域労組おおさか青年部』は、地域労組に加盟する39歳以下で構成され、活動をしています!!!

ご連絡はコチラ⇒メールを送る

電話無料相談はコチラ

06-4801-7733

※現在は電話での相談の方が確実です。

■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
対立か対話か~大阪の分岐点~
なんだか最近ムダに対立を煽られている気がする

公務員と民間企業で働く労働者の対立…

価値観や思想信条、宗教、世代間の違いなどからの分断と対立…

何かしらの違いが否定的に捉えられ、対立や拒絶に変わっていく光景を私たちは何度も目にしてきました。

大阪では2015年5月17日の住民投票を巡り、政策の賛成と反対の対立が続いています。

対立する者同士が、ある意見や主張に対してレッテルを貼り、安易に分類して否定することを繰り返してきています。

大阪で暮らしている中でふと「見えない壁」のようなものを感じることがあります。

「かつて世界のあちこちで共産主義と民主主義が対立していた時代のように、大阪でも価値観や思想信条の違いが根深い対立へと深刻化しているのではないか?」と不安になることもあります。

かつて都構想の住民投票により有権者間同士の対立が可視化されました。

この時、大阪には目には見えない小さな「ベルリンの壁」が出来たように感じています。

この小さな壁は日々大きく成長していて、賛成の考えを持った人と反対の考えを持った人を少しずつ引き離して分断しています。

都構想の住民投票の際に私たちは、価値観の違う者同士の対話が決定的に少なかったように記憶しております。

一部では賛成の人も反対の人もそれぞれの価値観や考え方の違いを議論によって理解し合おうという試みもありました。

しかし、大部分は賛成派は賛成派だけの勉強会、反対派は反対派だけの勉強会で固まっていたことは昨日のことのように覚えています。

賛成派には賛成派の理論と理屈があり、反対派には反対派の理論と理屈があり、お互いの違いを認識した上で共に違いを埋めるための努力をすれば良い事なのですが、大阪には対話ではなく対立のみが残っている状態でした。

住民投票の結果が出た後に待っていたのはレッテル貼りと安易な分類をして異なる価値観を否定し合う対立の日々

賛成派は反対派を「既得権益・高齢者のご都合主義(シルバーデモクラシー)」とレッテル張りを行い、

反対派は賛成派を「雰囲気だけに流されている・カジノ利権」とレッテル張りを行いました。

私たちは賛成と反対が互いに「正義と悪の闘い」なのだと感じることがあるかもしれません。

しかし賛成した人も反対した人も「大阪を良くしたい」という想いは同じであり、「正義と正義」が衝突したのだと考えております。

11月22日に大阪府と大阪市で生活する住民は再び選択をすることになります。

大阪は今まで通りお互いの「正義と正義」が対立とレッテル貼りを続けることに終始する政治を選ぶのか?

それとも価値観の違いを認め合い、対話と協調により対立を続けてきた政治の流れを変えるのか?

私たちは再び選択をすることになります。

まずは対立を続けてきた大阪の政治の流れが変わることを望みます。

残念ながら大阪の対立を意図的に煽ろうとする人たちは今後も増えるでしょう。

だからこそ私たちはベルリンの壁を取り払い、お互いの価値観を理解した上で主張を行いモノゴトを決める政治に関わってほしいと思います。

私たちは『劇場型』と呼ばれる対立を軸とした政治を観てきていますが…

小さなことでもひとりひとりが政治に参画し対話する『参画型』の時代となることを望みます。

いつまで対立を続けるのでしょうか?

価値観の異なる人が大阪から居なくなるまで続けるのでしょうか?

数の論理で少数派は多数派に従えと言うならば議会なんて必要ありません。

私たち青年部は大阪が、ひとりひとりが「みな違う」存在であることを理解し、同時に、ひとりひとりが世界にひとりしか存在しない唯一のかけがえのない存在である点では「みな同じ」ことをお互いに理解し合い、ひとりひとりの個性が尊重される街であってほしいと切に願います。

スポンサーサイト
未分類 | 02:24:47
今後の青年部行事予定
地域労組おおさか青年部では10月17日に開催する定期大会をもって今期の体制が終了いたします。

10月17日以降は定期大会で決まることとなる新体制にて活動を行っていくこととなります♪

そんな一区切りを迎える10月17日の定期大会まで残り3か月ほどとなりますが

今期青年部の活動に多大なるご支援とご協力を頂いた方々やブログを見て頂いている皆様や活動に参加していただいた皆様に感謝致します!

残り3か月、現在の青年部では下記の行事を行います!
(場所・日時の詳細は決まり次第更新して参ります。)

7月25日~7月26日「夏の一泊学習交流会」(申込み締切済み)
8月29日~8月30日「青年部合宿」(地域労組おおさか青年部部員対象)
9月「学習交流会&懇親会」(内容決まり次第更新します)
10月17日「定期大会」(今期活動の振り返り・次期執行委員の選出)

残りわずかですが何卒よろしくお願いいたします♪

全体 | 21:59:39 | Trackback(0) | Comments(0)
【申込み受付終了】夏の一泊学習交流会 2015
まいど♪

久しぶりの投稿となります。

今回は7月25日~26日にかけて 京都「聖護院御殿荘」で開催される泊りがけのイベントについてご紹介させて頂きます!

題して「夏の一泊学習交流会」!!

今回のイベントは青年部単独のイベントではありません!!

「全国&大阪過労死を考える家族の会」・「大阪過労死問題連絡会」が共催し、

「地域労組おおさか青年部」・「NPO法人POSSE」・「NPO法人働き方ASU-NET」が協賛として参加します。

5団体が共同で今回の学習交流会を実施するので
過労死や労働問題に関わる最先端の課題に取り組む方々と一緒に学ぶ良い機会となります♪

イベントの開会あいさつでは松丸弁護士に御登壇頂きます♪
【登壇者ブログ:弁護士松丸正の過労死・過労自殺事件ノート】

☆そしてメインの講演では代々木病院(東京都渋谷区)精神科の天笠崇医師に登壇頂きます☆
【登壇者執筆資料一覧(Amazon)】

平成26年度11月に施行された「過労死防止法」の制定に第一線で取り組まれた方々や労働問題に日夜最前線で取り組まれている方々とも話し合い学び合う機会となるイベントになると考えております。

以下イベント概要

【開催日時】7月25日~26日

【参加費】¥14,000(宿泊費・夕食・朝食・交流会費用込み)

【場所】京都「聖護院御殿荘」

【スケジュール】
◆1日目 13:00    開 場
(7月25日) 13:30~   開会あいさつ
       14:00~   全体会Ⅰ、特別報告、特別討論、⇒ 部屋へ移動

18:00~   夕食懇親会  ⇒ 入浴タイム
       22:00~   エンドレス交流会(飲み懇親会)

◆2日目   09:00~   分科会
(7月26日) 11:00~   全体会Ⅱ
        12:25~   閉会あいさつ

イベント | 01:35:21 | Trackback(0) | Comments(0)
東日本大震災の発生から4年を迎えて
本日、東日本大震災の発生から4年を迎えました。

改めて、亡くなられた方々に心から地域労組おおさか青年部一同、哀悼の意を表しますとともに、ご遺族の方々に心からお悔やみを申し上げます。

また大震災により、故郷を離れて避難生活を送られている方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

4年前の大震災の直後に多くの方々が社会にどのような貢献が出来るのかを考えたように、当時の地域労組おおさか青年部もまた、”一人でも誰でも入れる労働組合”として様々な話し合いを重ねて「労働問題」と向き合うことで社会への貢献に努めておりました。

そして当時発行されていた「365日働くルールメルマガ」にて震災時特集を実施し、震災を口実とした賃金未払いや雇止めといった、震災に便乗した不法行為に対して当事者と共に声を上げることで労働環境の悪化に歯止めを掛けておりました。

震災から4年の月日が経過した現在、地域労組おおさか青年部も当時と運営メンバーも組織形態も変化しております。

しかし、労働問題への取り組みを通じて地域社会に貢献していくスタンスは青年部創部以来一貫して変わることなく受け継いでおります。

現在の地域労組おおさか青年部は個々人では素晴らしい力を持った方々に加入していただいておりますが、青年部というチームとしてはまだまだ新芽のように発展途上の段階にあります。

大阪では様々な団体が様々な取り組みを通じて地域への貢献を行っておりますが、地域労組おおさか青年部も引き続き”一人でも誰でも入れる労働組合”として「労働問題」への取り組みを通じて地域への貢献に努めています。

そして地域労組おおさか青年部は今後も様々な価値観や思想信条の壁を越えた繋がりを構築し、地域と共に歩み続けます。


第11期地域労組おおさか青年部

未分類 | 08:58:17 | Trackback(0) | Comments(0)
株式会社スピーディ を 再び訴えます。  浦沢一族、川上哲、山口範博氏らも訴えます。
気づいた事が

ひとつ ある

僕は 思ってたんだ

辛すぎるのなら そこから立ち去っていい

まともじゃない事を してくるヤツらには

まともに 立ち向かう事はしなくていい

でも

━━━そうだ 彼女は

ただ 辛がっているんじゃない

怒っているのだ

それも

腹の底から 煮えくり返る程に




2015年2月
株式会社スピーディ を 再び訴えます。
【第2弾】【第3弾】【第4弾】を予定しています。

訴状は、株式会社スピーディはもちろんのこと、
被告である
浦澤澄氏、浦澤啓子氏、浦澤豊氏、山口範博氏、川上哲氏の自宅にも、裁判所から届けられます。

不法行為・企業犯罪(労働犯罪)の共犯者である
浦澤澄氏、浦澤啓子氏、浦澤豊氏、山口範博氏、川上哲氏 も ともに 訴えます

会社が不法行為・違法行為を行っていたとき、
あなたは、どういう行動をとりますか?
企業犯罪をとめる側にたちますか?
それとも、「保身」のために、企業犯罪に加担する立場にたちますか?

違法行為の片棒を担いだ人物の 「個人としての責任」(共同不法行為、違法行為の共犯者)を
再び 問う裁判を起こします。

【キーワード】
サイマ グローバルジグ ブラック 違法 不法 労働犯罪 共同不法行為 エンジョイベンチ
溶接機 塗装 ディライトエコ ブース ガンウォッシャー 乾燥機 エアー工具 消耗品
パテ コンパウンド サンディング マスキング バフ・パッド


【抗議先・東京】
東京都江戸川区松島1-24-15
株式会社スピーディ
代表取締役社長 浦沢 澄 [浦澤 澄(きよむ)]  
電話     03-3654-3221 
FAX    03-3653-8939

【抗議先・大阪】
大阪府高槻市芝生町2-62-27
株式会社スピーディ 大阪営業所
取締役 山口範博
電話 072-692-0112
FAX 072-692-0118

http://www.speedy-tool.co.jp/content/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%A1%88%E5%86%85


※労働組合は、行為当時に、真実だと認識するに足りる相当の根拠があれば、上記のような「抗議宣伝」記事を掲載することができます。この権利は、憲法28条・労働法などにより保障されています。むしろ、労働犯罪を行っている企業を社会的に告発する役割が期待されているのです。

上記記事は、裁判資料、労旬、などと内容的に共通し、根拠を有するものです。逆に、会社側がこのような記事に干渉してくることは「支配・介入」行為として犯罪行為となります。

地域労組おおさか青年部


争議紹介 | 00:39:04 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。